こんにちは、栄養課の角森です。

どんな職業でも守らなければならない様々な重大な事がありますが、
食事を提供している栄養課にもやはり当てはまります。

1年365日毎日意識していること、
それはこれからの時期に多くなる「食中毒」です。

食中毒といいますと飲食店での食事によるものが
原因と思われがちですが、実は毎日食べている家庭の食事でも
かなりの割合で発生しているという報告もあります。

食中毒のなかには「細菌」(O-157など)「ウイルス」(ノロウイルスなど)
「自然毒」(フグの毒など)「化学物質」「寄生虫」(アニサキスなど)
など様々あります。

今回は昨年も掲載した「細菌」による食中毒に加えて
ノロウイルスについても書こうと思います。


ノロウイルス 

冬場に多く発生するので夏場は問題ないと思われがちですが、
生ガキや魚介類を原因食品とする事が多く、
1~2日後に突然吐き気に襲われ嘔吐や下痢が1~2日続きます。

次亜塩素酸ナトリウムに浸した布巾等での拭き取り、
アルコールによる二度拭きや熱湯消毒が有効です。
85~90℃90秒以上で死滅します。


腸管出血性大腸菌 

これは一番名前が知られているのが「O-157」かもしれませんね。
ベロ毒素と呼ばれている毒素を産出する大腸菌で、
「O-157」の他に「O-111」や「O-26」があったりします。
牛などの家畜が保菌している場合があり、これらの糞便に汚染された
食肉からの二次汚染により、あらゆる食品が原因となる可能性があります。

加熱により死滅します。


黄色ブドウ球菌 

傷口や化膿創に存在します。
エンテロトキシンという毒素を生成し、握り飯や乳製品、
卵製品、食肉製品、魚肉練り製品などが原因食品となることが多いです。

この毒素は100℃30分の加熱でも無害化されない毒素ですので、
手指洗浄が重要になります。


サルモネラ菌 

ペットや家畜の腸管に常在菌として存在している菌で、
卵や食肉(牛レバー刺し、鶏肉)などを原因食品とすることが多いです。

菌が増殖することで食中毒を発生しますが、75℃以上の加熱で死滅するため、
十分な加熱で予防できますが、過信は禁物です。


ボツリヌス菌 

ボツリヌス菌は芽胞(がほう)となって高温に耐えることができます。
缶詰や瓶詰、真空パック食品などが原因食品とすることが多いです。

毒素自体は加熱することで不活化できます。
しかし、菌を不活化させるには100℃で6時間、
芽胞では120℃で4時間の加熱が必要ですが、
ボツリヌス毒素自体は100℃で1~2分の加熱で死活させることができます。



代表的な細菌の対策を見ていても予防に重要なことは、

付けない」 食材の菌を落とす 二次汚染の防止に手指及び器具の洗浄をする

増やさない」 冷蔵・冷凍を活用して細菌を増やさないようにする

やっつける」 十分な加熱調理をする

食中毒を防止・予防して健康で楽しい食生活を送りたいものですね。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.10 Thu l 栄養課だより l top
こんにちは!看護師のAです。

お休みをいただいてグアム旅行に行ってきました(@^^@)

グアムは、日本から飛行機で約3時間30分と、とても近い所です。
時差は日本より1時間早く、気温は30度近くで暑く感じますが、
湿度が少なく、天候にも恵まれていたので、とても過ごしやすかったです。

日本語も通じますが、時々英語で会話しないといけない場面もあり、
英語に弱い私はとても焦りました(笑)

グアム 飛行機
グアム 街


グアムでは、ダイビングなど海で遊んだり、美味しい料理を食べたり、
スパで癒されたり…と、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。


グアム 浜辺
グアム パラセイリング

↑これはパラセーリングと言って、
パラシュートをボートが引っ張るアクティビティです。

体験する前は不安の気持ちが強かったですが、体験してみると
不安よりも、グアムの海の素晴らしさにとっても感動しました!

あっという間の5日間でしたが、とてもリフレッシュ出来ました
次の楽しみに向けて、お仕事を頑張りたいと思います!


ブログカテゴリ  あふた~ファイブ



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.09 Wed l あふた~ファイブ l top
リハビリテーション課 ノツです。

去る6月23日24日、第18回日本言語聴覚学会が
松江市のくにびきメッセにて開催されました。

学会テーマは
「地域に開かれた、地域に愛される、地域に信頼される言語聴覚士になる。
-地域包括ケアに求められる言語聴覚士の役割―」です。

全国学会が山陰で開催される機会は
自分たちの言語聴覚士人生の中でも、この1回きりであろうということで
当院の言語聴覚士も病院業務もがんばりつつ・・・、はりきって参加しました。

一般演題421題、参加者数も1800名を超える大きな学会となり、
当院からも3題の演題発表と学会スタッフ等の協力も行いました。

学術的な教育講演や発表ももちろんありますが、
当学会は一般市民向けに市民公開講座も開催しています。


今回はその市民公開講座のお話をしようと思います。

今回の市民公開講座は3部構成となっており、

第1部「失語症患者と寄り添う」 
第2部「喉頭癌について今あなたに伝えたいこと
-最新医療・社会サポート・発声方法の習得-」 
第3部「人工知能とコミュニケーション」

という内容でした。

私たちは第1部の「失語症患者と寄り添う」に
参加・協力させていただきました。

前半は茨城県立健康プラザ管理者の
大田仁史先生による失語症についてのお話、

後半は松江圏域で活動されている失語症友の会
「だんだんトークの会」のみなさんと失語症友の会について紹介しました。


大田仁史先生には、
「めだかの学校」のたとえで「誰が生徒で先生か」、患者・家族と
言語聴覚士の関係について、お互いに支えあう大切さを教えてもらいました。

それを踏まえ、だんだんトークの会のみなさんと一緒に、
事前にたっぷり打ち合わせをして練習をした友の会の紹介と、
友の会のみなさんの手作り銭太鼓を使って、出雲市で勤務している
言語聴覚士による箱人形との競演で安来節を踊りました。


DSC_8382.jpg



MOV_8383_000257.jpg


「さすが本番に強い!!」と思わせるほど、
本来、人前でお話することが苦手になったはずの
失語症患者のみなさんの完璧な自己紹介。

ご家族も一緒にはっぴに豆絞りをまとっての
一致団結した箱人形とのコラボレーション。


終了後、大田先生と一緒に記念撮影をして
大田先生からご家族へ励ましのお言葉をたくさんいただき、
また俄然やる気をいただいた私たちでした。

今回の市民公開講座を通して、さらに
「地域に開かれた、地域に愛される、
地域に信頼される言語聴覚士になる」気持ちを再確認しました。

最後になりましたが、学会へ参加させていただきありがとうございました。

今後とも自己研鑽に励み、
地域に還元できる言語聴覚士になるべくがんばりたいと思います。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.08 Tue l 学会へ行ってきました l top
こんにちは。栄養課のアッホーです。
暑くなっていよいよ夏になってきましたね。

土用の丑の日について話をします。
今年は2回(7月25日と8月6日)ある
通称“二の丑”だそうです。

土用とは、五行に由来する暦の雑節で、
1年のうち不連続な4つの期間、
四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつです。

俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、
夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣があります。

さて、この鰻を食べるという習慣が出来たのは諸説ありますが、
一番有名なのが“平賀源内”による発案です。

江戸時代、鰻屋で鰻が売れないで困っていることを平賀源内に
相談したところ「“本日丑の日”という貼り紙を店に貼る。」
という源内の発案が功を奏し、鰻屋は大繁盛になったのです。

ちなみに当時は
「丑の日にちなんで“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない。」
という風習があったそうです。


当院でも鰻の蒲焼きを提供しました!!

うなぎ写真


皆さんも鰻や他の“う”から始まる食べ物も食べて暑い夏を乗り切りましょう!!



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.07 Mon l 栄養課だより l top
7/8、9 出雲市を会場に
第44回島根県病院対抗親睦野球大会が開催された。

2日間にわたり行われる今大会、我々松江赤十字病院野球部は
1日目の初戦、2回戦と快勝し悲願の優勝を目指すも、
2日目は朝からの大雨で大会は準決勝と決勝を残したまま中止。
(戦績としては一応ベスト4かな)結果は以下のとおり。

初戦:大田市立病院 5-0
下位打線が活躍。
鮮やかにエンドランやスクイズが決まり3点先制し、
投げてはエースの危なげない投球で完封勝利。

写真①

2回戦:出雲徳州会病院 15-0 
初出場の相手に初回から打線爆発。
終わってみれば毎回得点でコールド勝ち。

写真②

この勢いなら悲願の優勝も間違いなかったのだが、
最大の敵は雨でした。さすがにどうしようもない。
あとはてるてる坊主に頼むしかない。

着実に力をつけてきている野球部に期待大。

来年度は松江市開催のようだ。
ぜひみんなで応援し、悲願の優勝を目指そう。

部員の皆様お疲れ様でした。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.04 Fri l あふた~ファイブ l top