FC2ブログ
こんにちは、病院広報のセンスです。
8月10日に、理系職種を目指す女子中高生対象の医療体験「しまねガールズサイエンスプロジェクト」を受け入れました。

これは幅広い分野で働く「リケジョ」(理系女子)の職業を中高生に知ってもらい、将来の進路選択に役立ててもらおうと島根大学男女共同参画推進室が企画したもの。
当院では、 病院の理系職種の代表である女性薬剤師と女性医師の現場に密着してもらいました。

2018ガールズサイエンスプロジェクト


参加してくれた4人の中高生には、薬剤師の現場では実際に調剤などの体験をしてもらい、医師の現場では診療現場を見学してもらいました。
また、インタビューの時間も設け、職業を選んだきっかけやどんな勉強をすれば良いかなどを質問してもらい、「初めての体験ばかりでとても楽しかったし勉強になった」「将来の夢を決める参考になった」などの感想をもらいました。

体験に参加してくれた中高生のみなさん、将来松江赤十字病院で会いましょう。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.09.10 Mon l 松江日赤イベント l top
病棟看護師のB子です。

7月、当院で看護協会前会長、現在東京医療保健大学副学長の坂本すが先生の「これからの看護」という講演がありました。 

坂本すが先生


今の医療・看護をとりまく社会で何が起こっているのか、それに対してどう看護を提供しなければいけないのか、考えなければならないと感じる機会となりました。

2025年問題が大きく取り上げられ、考えると不安になってしまいますが、それぞれの看護職が将来の希望を持ち自信をもって働くために、社会ニーズの変化に対応した「いのち・暮らし・尊厳」を守り支える看護をしなければならないと改めて感じました。

そのために看護師の自分で考える力が必要であり、多様な情報を統合し判断・対応(采配)する力を身につけなければならないと力強く言われました。

病気を治すのではなく、病気を持ちながら生活する患者の病状に応じたタイムリーな看護、退院後にその人らしく生活ができるように支援する看護が急性期病院にも求められています。

私たち急性期病院で働く看護師は何をするのか、変革する気持ちで臨まなければならないと思います。

同時に看護教育も変化し、クリニカルラダー、特定行為研修制度についての話もあり興味深く聴きしました。
とても気さくな先生で、難しい話ばかりでなく、先生の職歴においてのエピソードも話されました。

看護は楽しんでするべきと言われ、忙しいと理由をつけ、このところ看護の楽しさを感じていなかったなぁと気づかされました。

「もっと自由に、へこたれない、地域の変革者であれ」

先生の一言一句が私たちの心にスーッと入ってきて背中を押していただいたような講演でした。
やる気を起こした職員が沢山いたと思います。
ありがとうございました。



看護部 HP


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.09.07 Fri l 看護師の声 l top
こんにちは、病院広報のセンスです。
8月6日に中学生、9日に高校生の医療現場体験を受け入れました。

中学生には医師・看護師・薬剤師の体験をしてもらいました。
医師体験では超音波検査を体験してもらい、「患者さんに話しかけながら検査をしていて、患者さんも笑顔になっていた」ことが印象に残ったようです。
また、看護師体験では採血や血圧測定などを体験してもらい、薬剤師体験では調剤などを体験してもらいました。
特に薬剤師体験では薬剤師のチームワークの良さが印象に残ったそうです。

2018中高生医療体験1


高校生は医師志望者だったので、医師体験として超音波検査体験、縫合・挿管体験、手術見学、研修医との意見交換会を行いました。
超音波検査体験では「患者さんへのダメージを最小限に抑えての診察にとても興味を持った」そうで、手術見学では「1つの手術を行うのにたくさんの医師や看護師が必要で協力し合っていくものだと感じた」という印象を受けたようです。
また、意見交換会では年齢の近い研修医の先生に対応してもらい、大変参考になったとのことです。

2018中高生医療体験2


体験に参加してくれた中高生のみなさん、将来松江赤十字病院で会いましょう。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.09.05 Wed l 松江日赤イベント l top
こんにちは、検査部のKです!

8月に毎年恒例の『検査部・病理診断科部 レク&ビール会』を行いました。
今年のレクリエーションは『白衣でスリッパ卓球@別館2F会議室』ということで、業務終了後時間がないので白衣のまま集合しました。
しかし1名、本気モードの方がいらっしゃいました(Tシャツ・短パン・首タオル)。
いつの間に着替えたのでしょう…(笑)。

白衣でスリッパ卓球2

仕事にもこのすばやさを活かしてほしいものですね(by Oさん)

試合はダブルスでA~Cグループ各4チーム総当たり戦を行い、その後各グループの順位ごとでトーナメント戦を行いました。
ほぼ全員が初めてのスリッパ卓球でしたが、意外にも(?!)ラリーが続き盛り上がりました!

白衣でスリッパ卓球1


卓球で汗を流した後は、根っこやにてビール会を行いました。
ここからは内田先生にも参加していただき大いに盛り上がりました。
卓球の表彰も行い、参加者全員に豪華景品が!
もちろんスリッパも景品にありました!優勝者にはスリッパが!

来年も楽しみですね~


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.09.03 Mon l あふた~ファイブ l top
こんにちは、病院広報のセンスです。
松江東高校2年生25名が来院し、医師、薬剤師などの各職種から仕事の説明や魅力、選んだきっかけを説明しました。

東高企業訪問


これは、東高のキャリア教育活動の一環として、高校在学中に県内優良企業の実際の活動及び様々な仕事や働き方などを体験的に学習することで、大学卒業後の就職先として県内企業を積極的に選択し、将来島根に貢献できる人材となるよう育成することを目的に実施されています。

当院で働く職種をできる限り紹介したかったのですが、1時間という依頼でしたので、厳選に厳選を重ねた6職種:医師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、リハビリ療法士、臨床工学技士の仕事を紹介しました。
6職種の職員は、とても見やすく分かりやすいスライドを作成しており、興味を引くような話術で高校生を魅了していたように思います。

高校生の反応は上々で、アンケートでは全員が「病院や医療に興味を持った」と回答しており、中でも「臨床工学技士」が最も興味を持たれたようです。
また、自由意見では「知らない職業を今回知ることができて良かった」「病院では本当に様々な職種の人がそれぞれの役割をこなして治療を行っているということに驚いた」といった前向きな感想が数多く見られました。

今回訪問してくれた高校生の中から、将来の島根の地域医療を担う人材が生まれることを願っています。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.08.31 Fri l 地域とつながります l top