こんにちは!放射線治療の担当技師です。

外来・入院中の患者さんに治療の順番が来るまで
お待ちいただいている時間があります。

その間、ほんの少しの癒やし、ほのぼのとした空間を提供しようと
担当の看護師さんが変わり行く季節ごとにアイテムを手作りで飾っています。

その他、ホワイトボードにその日感じたことなどを記載したり、
時には身近にあった出来事の写真を貼ったりしています。

患者さんも今日は何が書いてあるのか楽しみにされてる方も増えてきました。
中には毎日スマホで写して帰られる方もいらっしゃいます。


図1

患者さんの待合廊下。何もないと寂しく感じます。

図2


図3

7月、七夕飾り!
願い事を書き、短冊を笹の葉につるす患者さんがたくさんおられました。


図4

図5

ホワイトボードは毎日更新し、日々気づいたこと治療中に
気をつけてもらいたいことなどを書いています。


図6

患者さんが竹でつくられた涼し気な作品。
今でもさらに凝った作品を目指しておられます。

図7

折り紙が得意な看護師さんが華やかな空間に仕上げます。



図8

7月頃、よく見かけた新大橋の手すりにとまっていた鳥(サギ?)
いつも同じ場所で何を見ていたのか、後ろを人が通過しても動じない様子でした。

図9

天神川にいた白鳥親子。
よく見ると親の背中にヒナ鳥が乗ってます。
宍道湖のあちこちで白鳥の家族を見かけます。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。





2017.09.06 Wed l 病院いろいろ l top