こんにちは。栄養課のアッホーです。
暑くなっていよいよ夏になってきましたね。

土用の丑の日について話をします。
今年は2回(7月25日と8月6日)ある
通称“二の丑”だそうです。

土用とは、五行に由来する暦の雑節で、
1年のうち不連続な4つの期間、
四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつです。

俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、
夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣があります。

さて、この鰻を食べるという習慣が出来たのは諸説ありますが、
一番有名なのが“平賀源内”による発案です。

江戸時代、鰻屋で鰻が売れないで困っていることを平賀源内に
相談したところ「“本日丑の日”という貼り紙を店に貼る。」
という源内の発案が功を奏し、鰻屋は大繁盛になったのです。

ちなみに当時は
「丑の日にちなんで“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない。」
という風習があったそうです。


当院でも鰻の蒲焼きを提供しました!!

うなぎ写真


皆さんも鰻や他の“う”から始まる食べ物も食べて暑い夏を乗り切りましょう!!



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.07 Mon l 栄養課だより l top