こんにちは、看護師のTです。

私は院内感染対策に関わっているのですが小児分野の勤務経験がなく、
“名前は知っているけど、実際を見たことがない!?”という感染症が多々あります。
現在、遅い子育てを通して、勉強させてもらっているところです。

そんな中、先日長男がリンゴ病になりました。
保育園から帰ってきた息子が、
「お母さんのせいだよ!!お母さんが毎日リンゴ出すからリンゴ病になったよ。先生が○○ちゃんリンゴ病じゃない?って言われたよ」と。

5歳ともなるとめったに熱が出ることもなく、1週間前に出た久しぶりの高熱と一昨日から出た足のムラムラの原因が判明。
確かに両頬が真っ赤っか・・・
朝こんなに赤かったかな?色黒で気付かなかった・・・
手もムラムラ赤くなってる・・・

これは確かに本で見たリンゴ病の症状!!!

と息子を観察しつつ、
毎日リンゴが続いたけど、それが原因じゃない( ´艸`)ことを息子に説明しつつ、
こんなこと言うなんて案外賢くて カワ(・∀・)イイ と思いつつ、
気付かず反省・・・

というように、今までもいろいろな感染症になりましたが、
教科書通りに症状が出ることばかりでなく保育園の先生から先に指摘されることも多々で、
百聞は一見に如かずを実感しています。

長男は結構長く手足や顔の強い発疹が続いてました。
保育園では出てないと聞いていたけど、買い物や公園は行ってるし、
でもそこではそんなに濃厚接触はないのに・・・と、
ついついどこでどううつったか考えてしまいます。

そして、〝あぁ、次男は確実にうつっている!!
この調子だと、来週は保育園お休みか Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン!!!"
と覚悟と準備をしつつ待っていたら、やはり出ました!!

さすがに1歳児は熱が2-3日続きましたが、
発疹は注意してないとわからないくらい意外に軽くあっさり終わりました。
〝濃厚接触&低年齢=症状強い″とついつい思ってしまいますが、
案外そうでないことも多く、人の免疫の不思議も実感してます。

ちなみにお父さんは子供の成長に伴い、熱にあたふたすることもなく、薬を飲ませるのも完璧、座薬も問題なしと
一人で看病できるほど子供の病気に強い免疫がつきました (^▽^)/

子ども


ブログ検索   感染

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.06.01 Thu l 看護 l top