こんにちは。外来看護師のパンダ愛好家です。
10月21日と22日に、災害看護論の研修に参加しました。

ふたりの子どもの妊娠、出産などの私事の行事と重なってしまい今までなかなか参加できなかったのですが、8年目にしてようやく参加することができました(^_^;)

研修に参加する前は
「自分が被災地で実際に出動するなんてないだろうな~」
と思っていましたが、

講師の方々の話を聞いたり被災地での実際の活動のDVDを見たりする中で、松江赤十字病院の職員は震度5以上の地震があったときには自主登院しなければいけないということを知り、
「今ここで災害が起こったときは自分自身も救護班員になるのかも…」
と思うようになりました。

災害看護論1

研修中に地震を経験したことで、災害はいつ起こってもおかしくないことをより一層
感じました。

災害が起きてほしくはないですが、もしも何かあったときには今回学んだことを生かしていきたいと思います。

わたしと同じようになかなか参加できていなかった方も是非研修に参加してみてはいかがでしょうか

災害看護論2

***************************************

研修医のピーチメロンです。
災害看護論研修に、私たち1年目の研修医も参加しました。

今年度初めに熊本地震があり、松江赤十字病院からも救護班として研修医を含めた複数のチームが出動しました。このこともあり、私たち研修医も実際に被災地で救護活動を行うことがあると、災害救護をより身近に感じている時期でもありました。
災害看護論3

今回の研修では、赤十字救護活動の歴史や役割を学び、実際に被災地に出動し活動された先輩方の体験を聞くことができました。

そのうえで、2日目には実際に救護服を着て模擬練習を行いました。当日、日赤の前の広場で研修をしている私たちを見かけた方もおられるのではないでしょうか。

気温が低く、長袖の救護服でも寒い日でしたが、みんな赤十字の救護員だという自覚を胸に一生懸命訓練に取り組みました。テント設営では3チームすべてが4分以内に設置することができ、1日でも成長を感じることができました。
災害看護論4

赤十字病院で研修した私たちが、災害現場でも率先して動けるように今回学んだことを生かし、日々の研修でも精進していきたいと思います。


ブログ検索 救護


 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.11.11 Fri l 院内研修会・講演会 l top