9月24日(土)、今年創立80周年を迎えた松江赤十字病院で「病院まつり」を開催しました
普段病院を利用されたことのない方にも慣れ親しんでもらおうと、新病院完成を機に開催して
3回目、800名を超える来場がありました

天候にも恵まれ地上63mの屋上ヘリポート見学には、定員いっぱいの350名の方に参加いただきました。松江城と共に宍道湖を一望できる素敵な場所で、毎回一番人気です。
午後最初の見学時には、日本赤十字社公式マスコットのハートラちゃんがサプライズ登場

1ヘリポート見学
みんなと一緒に記念撮影

そしてそして!現在「ゆるキャラ®グランプリ」に参戦中の「島根県観光キャラクターしまねっこ」が来院してくれました~!!
ステージではおなじみの「しまねっこダンス」を披露
記念撮影タイムでもちびっ子に大人気女性の多い職場でもあり・・・スタッフも大喜び
「毎日投票する~との声があちこちで!!

2しまねっこ&ハートラちゃん1
<島観連許諾第3924号>

会場では、がんに関する市民公開講座や健康相談、好評の医療機器操作体験コーナー等、大変な賑わいでした。
お子さんからご高齢の方まで笑顔で、時に真剣な表情で説明に耳を傾け操作体験を楽しんでいただけた様子でした。
職員も自分たちの仕事やその技術を少しでも多くの人に知ってもらうことができ、貴重な時間となったようです。

3体験コーナー2 3蘇生体験コーナー

また、3回目を迎えた病院まつりで、初めて病院外の方々とのコラボもありました。
その一つとして、附属中学校の生徒さん達によるミニコンサートを初めて開催。
大勢の来場者で賑わう中での演奏を楽しまれ、まつりに花を添えてくれました。
演奏後の笑顔が印象的でした。

4附属中学校ミニコンサート 4附属中学校ミニコンサート2

正面玄関前では、島根県の「美味(おい)しまね」認証の農産品の紹介コーナーを設けて当院栄養課と協力して地元食材のPRをされました。
急須で淹れたウーロン茶試飲、おいしかったです

5栄養課2 5ウーロン茶

そして、東日本大震災や熊本地震等の災害支援活動紹介コーナーでは、自衛隊島根地方協力本部の協力を得て、日赤の活動と共に自衛隊の災害支援活動写真や救命装備品展示、さらにカッコいい陸・海・空自衛隊の子ども用制服(大人用もあり)を用意して記念撮影コーナーを展開していただきました。アンケートでも支援活動の様子がよく分かったという感想を多くいただきました。

6地本1 6地本2

松江日赤80年を振り返る年表にも掲載があっように、島根県でも過去何度か大雨による水害や土砂災害に見舞われており、一昨年の県西部を襲った豪雨災害も記憶に新しいところです。

7松江日赤年表

この地域を含めどこかで人々が困難に見舞われた時、我々は国民の皆さんの生命・財産を守るべく共に力を合わせて支援に当たります。
赤十字はもちろん自衛隊、消防、警察などいざというときに頼りになる組織が、身近にも存在していること、その活動の様子を知っていただくため様々な機会に情報発信していきたいと思います。

今回、会場で赤十字熊本県支部の皆さんが手作りされた、赤十字&くまもんコラボ缶バッジを販売しました。今回の売り上げ金32,600円を義援金として寄付させていただきます。
日赤の災害支援活動には皆様のご寄付により成り立っています。
現在も国内外で困難に直面している人々に救いの手を差し伸べるため、日本赤十字社では義援金(国内支援)・救援金(海外支援)の募集を行っています。

<日本赤十字社 義援金・救援金募集ページ>
 

最後に、ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた方々にお礼申し上げます。
ありがとうございました。
                    ハートラちゃん ありがとう(おじぎ)(サイズ100)



日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.10.13 Thu l 松江日赤イベント l top