こんにちは、栄養課のぱんだです。
みなさん七夕はどのように過ごされましたか
七夕といえば、天の川、笹の葉に短冊、願い事!!
どれかひとつは体験されたでしょうか。

何も体験していないというあなた、実は知らないうちに七夕行事を体験しているかもしれません。

夏になると食べたくなる物、夏バテで食欲がない時など、お世話になっている食べ物といえば、そう、
『そうめん』です!!

節句に旬の物を食べて、邪気を祓ったり無病息災を願いますが、そうめんもそのひとつ。
実は千年も前から食べられている行事食なんです。

そうめんのルーツは中国から伝わった「索餅(さくべい)」という小麦粉料理。小麦粉と米粉を練って縄の形にしたお菓子だといわれています。

中国の故事に、
「7月7日に亡くなった帝の子供が、鬼になって病を流行らせた。そこで子供が好きだった索餅を供えると、流行り病がおさまった」
という話があります。この故事から、7月7日に中国で索餅を食べるようになりました。

この索餅が日本に伝わり、やがて索餅はそうめんに変化して、七夕に食べる風習とともに、現在まで伝わっているのです!!

今でも、鬼の故事にちなんで七夕に食べるそうめんを「鬼の腸(はらわた)」と呼ぶこともあります。字面だけだとちょっとこわいですよね・・・。
他にも、七夕伝説の天の川や機織りの糸に例えられたりします。最近ではこちらの方がポピュラーなのかも。

栄養課でも、7月7日にそうめんを提供しました。ひとつひとつ型抜きした星型にんじんを浮かべた、少し特別なそうめんです

そうめん

七夕というと、夜の空に輝く星たちに目が行きがちですが、ちょっとだけ視線を下げてみてください。
美味しい天の川を食べて、無病息災!! 1年間元気に過ごしましょう!!!

               ハートラちゃん いただきます(サイズ100)


日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.07.19 Tue l 栄養課だより l top