Yasuhara@栄養士です。
“第45回糖尿病学の進歩”に参加して来ました。
参加したのは医師(部長です)・先輩栄養士と未来ある栄養士を合わせた4名の計5名です。

第45回です。毎年1回ずつあるので・・・何と45年もの歴史があります。
糖尿病専門医をはじめ、たくさんの医師や医療従事者が集い、糖尿病に関する知識の向上や最新の知識の普及を目的とした講演会が山盛りのビッグイベントです。

ホントに日本は医師不足なの?と疑問に思うほどのドクターが集まられます。

今年は福岡県にある福岡国際会議場で開催されました。

栄養課7
↑↑↑ 福岡国際会議場です。早朝から多くの人が集まりました。


会場はとても広く、医師向けのレクチャー、コメディカル向けのレクチャー、シンポジウム、
ワークショップなどに分かれていました。

各会場とも立見席があるくらいに皆が熱心に勉強していました。もちろん私もその一人です!

製薬会社の展示ブースもあり、最新の医療機器の紹介はもちろん、クイズコーナー、
低カロリー食品の展示・試食など、各メーカーの工夫を凝らした賑やかな会場でした。
血糖自己測定の体験も出来ました。

糖尿病の診断基準は新しくなり、糖尿病治療薬の開発も急速に進歩しました。
食事療法もまたいろいろと話題が多く・・・大興奮の2日間でした。

栄養課6
↑↑↑ 休憩時間にスタッフ合流。意見交換もします。
しっかり勉強したあとは・・・せっかく博多まで来たので“おいしいもの”を食べたい!!
都会の夜景の中で、もつ鍋や屋台のおでんを楽しみました~

栄養課5
↑↑↑ 都会の夜は賑やかでした。ほろ酔いの栄養士たちです。


初参加の栄養士2人からの感想を一言↓↓↓

こんにちは。栄養課の福井・鎌田です。
福岡で行われた「第45回糖尿病の進歩」に参加させてもらいました。
私達にとって、初めての学会参加でした。
学会の内容は正直、難しいものが多く
すべてが自分たちの知識になったとはとても言えませんが、
同じ現場で活躍されている栄養士の方たちの話を聞くことが出来て、
とても良い刺激を受けました。
そしてこれからもっと勉強しなくてはいけないなと痛感しました。

また福岡はとてもおいしいものが多く、
疲れた脳にたくさんの栄養をいただきました。
心も気持ちも栄養満タンでこれからの業務も一層頑張っていこうと思います。

--------------------------------------------------------------------


その名の通り糖尿病学は進歩しています。
私たちも遅れないように進歩していかなければ!と強く思いました。
「養生訓」で有名な貝原益軒先生の生まれ故郷で開催されたのも
大きな意味があると思いました。

酒は微酔にのみ、半酣をかぎりとすべし

・・・ということで、楽しい学問の旅が終了しました。

PS:九州新幹線全線開通にむけて、JR博多駅は工事中でした。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院栄養課



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.04.25 Mon l 学会へ行ってきました l top