こんにちは、慢性呼吸器疾患看護認定看護師の野津栄子です。

毎年、人工呼吸器管理部会が職員を対象に開催する「人工呼吸器勉強会」で、このたびNPPV装着中患者の看護について話をしました。
NPPV勉強会を開きました

ここでNPPVについて簡単な説明を(^^)ノ

人工呼吸器での治療は、のど(気管)に管を入れるIPPV、入れないNPPVに大きく分かれます。どちらも換気を助け、高二酸化炭素血症や酸素化などを改善します。
NPPV:非侵襲的陽圧換気療法(non-invasive positive pressure ventilation)
IPPV:侵襲的陽圧換気療法(invasive positive pressure ventilation)


NPPVは治療にも有効ですし、管を入れるIPPVと違いマスクを顔につけますから、「導入が簡単」「使いやすい」「患者さんへの影響が少ない」というメリットもあります。在宅療養の患者さんでも使用できますし、現在はかなり普及が進んでいます。

講義の中で繰り返しお話ししたのは、マスク・フィッティングについてです。
せっかく効果があるといっても、マスクがうまくフィットしていないと、皮膚が赤くなったり傷が付いたりして、使用できなくなることがあります。

ここで、看護師の腕を発揮できる技術 登場となります p(@^^@)q

研修では、実際に院内で使用している器械を動かしてマスクをつけてみる患者体験や、導入時の看護を実際に行うなどの実技を取り入れました。

サポート圧を高く設定して「わー、きつい無理と患者さん体験ができたり、「マスクのつけ方を今まで勘違いしてましたと新たな発見あったりと、ワイワイにぎやかに進みました。
患者さん体験ができたり、新たな発見があったり

IPPVを使用する病棟は少ないのですが、NPPVは一般病棟でも接する機会が多くなっています。マスク換気といってもやはり人工呼吸器であり、使用方法や患者の心身や社会的な面も含めて、アセスメントしなければいけません。

そして、何より看護師だけではなく、医師・理学療法士・工学技士など多職種でのチーム医療が必要です。

ぜひ興味を持っていただき、これからも皆さんと一緒に勉強していきたいと思います。

ブログ 呼吸器 認定看護師


看護部 HP


              
「私たちは、忘れない。」 プロジェクト バナーをクリック!



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.03.08 Tue l 院内研修会・講演会 l top