教育研修推進室のかぼちゃスープです。
京都大学から医師を目指す1年生が早期体験実習に来られましたので 
実習の様子をご紹介します。(8/17~8/21 2名、8/31~9/4 2名)

入学したばかりの1年生が体験実習をする目的は???
①自分が「こうなりたい!」と思う医療者像を明確にすること
②医療ボランティアなどで患者様とコミュニケーションを取り、患者様の視点からみた医療・病院とは何かを理解すること
③チーム医療の実際を理解すること
座学だけでなく早くから臨床の場に出て、患者様や医療者に接することで、医療の世界を早くに知っておくことは学生にとって大きな意義があります。

【ボランティア】
外来受付に来られた患者様に「おはようございます。^V^」と緊張しながらも優しく声をかけておられました。

P1-1
         
【車いす・シミュレーター】
車いすを操作する役と患者役を交替しながら、移動する際には「前に進みますね」「曲がりますよ」と声をかけながら上手に操作しておられました。
シミュレーター(フィジコ)を使っての体験では、心臓の音やお腹の音を聞き取ろうと真剣な表情でしたが、音が聞こえると「お~、聞こえた!」と笑顔に (^。^)/
P1-2.jpg

【実習のまとめ】
最終日(5日目)は、磯和副院長に赤十字や救護のお話をしていただいきました。疑問・質問にもユーモアを交えて分かりやすく答えてくださり、みなさん真剣な表情でうなずいたり、笑い声もあったりと有意義な時間を過ごされました。

P2-1_201509301403498f3.jpg

他にも研修医と一緒にお昼を食べたり、他校の実習生と話をしたり、研修医宿舎に宿泊したりと貴重な体験をたくさんされました。
みなさん、これからも夢に向かって頑張ってください!(^0^)
最後になりましたが、実習にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

P2-2.jpg


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2015.10.05 Mon l 病院いろいろ l top