チームれんけいです。

頼まれたわけではないのに出かけて勉強会をして帰る『おしかけ勉強会』。
昨年は10回ほど出かけさせてもらいました。
結構知っている人は知っている勉強会になってきました。

今年、1番最初の『おしかけ』は、1月の雪がまだ残っている6日、人工肛門を作った患者さんが病院を変わられる前にきちんと同じようにケアをしてもらおうと、退院後行かれるクリニックへ出かけてきました。

おしかけ4

人工肛門のことをストーマというのですが、このケアは慣れるまでにかなり時間がかかります。
行かれるクリニックに模型を持っていってケアのしかたを説明させてもらいました。
17名の医師、看護師、技師のみんなが熱心に聞いてくださいました。
これで患者さんに安心して病院を変わってもらうことができます。

おしかけ5



2番目の『おしかけ』は、17日の月曜日、仕事が終わった後で特別養護老人ホームへ救急看護をテーマにして出かけました。
週末にまたもや雪が降り、凍結や積雪が心配されましたが、日頃の行いがよいこともあって(?)スムーズにたどり着くことができました。

おしかけ7

ここでもまた皆さん熱心で、看護師、介護職員の方など33名も参加されました。
時間がいくらあっても足りないくらい質問もあり、充実した研修会になりました。

おしかけ6



私たちの『おしかけ』はこれからもまだまだ続きます。皆さんの意向に関係なく出かけます。
嫌がらず『おしかけ』させてくださいね。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院地域医療連携課



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.03.04 Fri l 地域とつながります l top