10階リハビリ病棟K・Iです。
少し前のことになりますが、12月24日にもちつき大会(鏡餅作り)、2月4日に豆まきを行いました。

12月の餅つきは、栄養課のスタッフの人にも協力してもらい、もち米を蒸してリハビリの部屋まで持ってきてもらいました。その蒸したもち米を、患者さんの声かけと共にセラピストと師長の息のあった餅つきが始まり、患者さんにも協力してもらって多くの鏡餅を作っていただきました。

「懐かしいなー」とおっしゃる患者さんも少なくありませんでした。年配の女性の患者さんはさすがに手慣れたもので、手際良く作ってくださいました。みんなで鏡餅を作った後は、ベッドサイドへ飾り今年を迎えました。
2月4日には豆まきをしました


2月の豆まきは、看護師がお面と角の生えたかぶり物をして鬼役となり、各部屋を回りながら患者さんから「福は~うち」と紙を丸めたボールを投げてもらいました。中には「鬼へ投げるのは申し訳ない」と優しく投げて下さる患者さんや鬼を拝む患者さんもおられました。普通はベッドの上で寝たままであまり反応の少ない患者さんも、この時は紙のボールを手にとって鬼に向かって投げて下さるなど、いつもと違った表情を見せて下さいました。入院中の皆さんに「福あれ」と念じて豆まきを終えました。

12月24日にもちつき大会(鏡餅作り)を行いました

10階リハビリ病棟では、いままで季節毎にレクリエーションを行ってきました。3月からは病棟再編によって整形外科病棟となり、このようなレクリエーションを実施することは難しくなりますが、入院生活の中でも季節を感じていただけるよう工夫していけたらいいなと思っています。

ブログ検索 リハビリ

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2015.03.16 Mon l 看護師の声 l top