遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
栄養課の調理師 稲田です。

今回のブログは1月1日、1月2日に提供した正月料理についてお話します。
昨年の正月がついこの間のように感じますが、もう1年経つんですね。早いものです。

栄養課の一大イベントと言っても良いお正月メニュー作り
今年もそれぞれの持ち場で頑張りました。

1_20150115093046160.png

今年の赤貝は大きさもそろっており、とても良かったです。
黒豆は朝からコトコトコトコト煮てふっくら仕上げました。

2_20150115093047e62.png

二色卵!昨年は卵をスチームコンベクションオーブンでゆで卵にした後、水の中で冷やしました。
今年はブラストチラー(食品を一気に冷却する機械)で冷やしたので、とてもむきやすかったです。
でも、230個は多いなぁー。
3人でもくもくとむきました。それを白身と黄身に分け、白身は水できれいに洗って…。
『あー間違えて、黄身を水の中に入れてしまった~』。などの声も聞こえながら四苦八苦

3_20150115093048e49.png

昆布巻きは、煮ていると結んでいる干ぴょうが切れるものがあるので、
『熱い熱い』と言いながら巻きなおしました。

4_20150115093050d13.png

5_20150115093052452.png

結び干ぴょう『手が干ぴょうくさい~と言いながらたくさん結びました。

最初8cmで切っていたものが、だんだん長くなり、10cm 
切った干ぴょうを結び合わせ、最後に長さをもう一度そろえました。
煮上がりは上出来でした

きんかんは、切れ目を入れて、朝からコトコトコトコトふっくら煮ました。

花人参は、1日2日合わせて1000枚以上。
汁用と煮〆用に、厚さをそろえるために、1枚1枚慎重に切って花形に抜きました。
手の色は人参色!! なかなか落ちませんでした。

6_20150115093104c4a.png

今年もより良いものを患者様に届けるために、作る人も盛り付ける人も、そしてもちろん患者様に届ける人達も、心を込めました。
クリスマスの時もそうでしたが、食事を届けた時の患者様の声は私たちにとってとても嬉しい声でした。
大変だった約1週間が、患者様の喜びの声で吹っ飛びました。
ありがとうございました。
               ハートラちゃん いただきます


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2015.01.20 Tue l 栄養課だより l top