城と山城(やまじろ)が大好きな、事務の山城鹿介です。
引き続き、一般の方には立ち入りをご遠慮頂いている場所から見える景色と、戦国時代のお城の紹介をさせていただきます。

今回は北側の眺めです。
3-1.png

先ほどの写真の中央を拡大します。
3-2.png

それぞれ別々の山なのですが、この方面からでは重なってしまっています。
グーグルマップの航空図を使ってみると、大体の位置関係は下のようになります。
3-3.png

谷1つ挟んで、500メートルくらいしか離れていない、お隣同士の山です。
「何でこんな近くに、仲よく並んでるんだろう?」って思われたあなた!
いい質問ですね~!
山城好きの素質ありますよ~。

仲よく並んでいますが、実はこの2つの城ではバトルがありました。

白鹿山城は、出雲の戦国大名、尼子の支城(しじょう)の1つです。
支城とは、現代で言うと、本社に対する支社です。
白鹿山城は尼子の支城の中でも、「筆頭」と呼ばれる格の高いお城でした。

真山城は毛利が白鹿山城を攻めるために作ったもので、わざと近くに城を築いて、敵の援軍や物資搬入などを妨害・遮断する目的がありました。

白鹿山城の尼子軍は、激しい攻防戦の末敗れ、その2年後に尼子は滅ぼされます。
しかし3年後に尼子遺臣たちが毛利へリターンマッチを挑みます。
このときの戦では、尼子軍は真山城に本陣を敷いています。

Let's go castling with me !
松江城を国宝に!


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.12.04 Thu l あふた~ファイブ l top