こんにちは栄養課の☆ハリハリ☆★ゆうばり★です
今月も栄養課から発信する「栄養課だより」が完成しましたので、皆様にもお届けします。

11月になり、寒さも増してきました。
いつもは旬の食材をテーマにしている栄養課だよりですが・・・

今月の栄養課だよりのテーマは何にしようか

寒い季節に旬を迎える食材・・・

それより、寒い日には温かいシチューが食べたくなるよね

冬に恋しくなるシチューには欠かせない牛乳牛乳について調べてみようよ

という会話の中から、牛乳をテーマにすることが決まりました。

牛乳は年中出回るので旬はないと思いますが、
『季節によって味や成分の違いはあるのかが知りたい
『牧場の様子も見てみたい
と思い、牧場に行ってみることにしました。

今回は、島根県安来市にある砂流牧場に行ってきました
1_20141113163425f3b.png

砂流牧場では、50頭の牛から朝と夜の2回、搾乳を行い、牧場全体で1日に約1500kgの牛乳を搾るそうです。1頭あたり1日に30kgもの牛乳を搾っていることに驚きました

そして私たちの気になっていた、季節による味や成分の違いについて

牛乳は気温やエサで味が微妙に変化するようです
春は牛のエサである牧草がよく育って美味しいために、牛もエサをよく食べ、美味しい牛乳が取れます。冬は寒さをしのぐためにエネルギーを自分に蓄えるので乳量が少なくなり、少ない乳量でも子牛を育てられるように脂肪分を多く含む濃い牛乳になります。
1頭1頭、日によっても味は違うそうですが、全ての牛の乳を1つにまとめて出荷するので、ほぼ安定した美味しさで出荷できるというわけです

この微妙な変化に気づけるのは、毎日休みなく牛の世話をしている方たちだからこそなのだろうなぁと思いました。

牧場でお話を聞ける機会はなかなか無いので、大変貴重な体験をさせて頂けたと思います。
お忙しい中お時間を作って頂いた砂流牧場の皆様には大変感謝しております。2_20141113163003848.png

牛乳を使った簡単・不思議なデザートを紹介します
『柿と牛乳だけで固まる~柿プリン~』
材料はよく熟した柿牛乳だけです
柿と牛乳を2:1の割合でミキサーでなめらかになるまで混ぜたらあとは約6時間冷やすだけ
※柿に含まれるペクチンが牛乳のカルシウムと反応して固まります※
皆さんもぜひ試してみてください
3_20141113163004b6e.png


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.11.14 Fri l 栄養課だより l top