こんにちは、被ばく医療救護班員です。
先日、島根県原子力防災訓練に参加してきました。

島根原発2号機の原子炉がトラブルで止まったとの想定。
県や市、中国電力など75機関・約6700人が参加する中、
当院は医療班のスクリーニングチームとして参加しました。

原子力防災訓練

スクリーニングとは、サーベイメータという放射線測定器を使い、
体の表面に放射線物質が付着しているかどうかをチェックし、ふるい分けをすることです

当日は極寒の天気でしたが、そんなことも気にならなくなるほど訓練に集中
原発が身近にあるにも関わらず、普段はなかなか考える機会が少ないのですが…
今回の訓練でいろいろと勉強になりました。


もちろん、何も起こらないのが一番ですが、
何事においても訓練しておくことは大切ですね


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.02.18 Fri l 赤十字の活動 l top