こんにちは。外来化学療法室 がん化学療法看護認定看護師の山本香織です。
がん化学療法看護認定看護師になりました

私は、これまで血液内科病棟に所属し、血液疾患で治療を受ける患者さんや家族と関わってきました。その中で、抗癌剤の副作用と戦いながら、そして生死と向き合いながら、頑張っておられる患者さんと家族の姿を目の当たりにしてきました。

副作用を少しでも軽減し、治療を乗り越えることができるようにサポートしていきたい、そして、患者さんや家族の思いを聴きたい、もっと助けになりたいと考えるようになりました。そのため専門的な知識や技術をもっと学びたいという気持が芽生え、『がん化学療法認定看護師』を目指そうと思いました。

上司の助言や導き、そしてスタッフや子どもたち2人も含め家族の協力や助けを借りながら、学校を卒業し認定資格を取得することが出来ました。本当に感謝しています。

私は現在、外来化学療法室で勤務しています。
近年は、外来通院しながら抗がん剤治療を受ける方が増えてきています。患者さんが自宅に戻られてからも、安心して生活が送れ、治療が継続できるように支援していく必要があります。外来という限られた時間の中ですが、患者さんの背景やセルフケアの力を把握し、その力の維持・向上できるような生活支援を考えた看護が提供できるように、スタッフと共同し、がん化学療法認定看護師として活動していきたいと思います。

ブログ検索 認定看護師

看護部>看護活動>専門看護師・認定看護師

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2014.09.03 Wed l 看護師の声 l top