皆さんこんにちは!
私は、周産期センターNICU・GCUで働く4年目の看護師Nです。

私は大学生の頃、母性看護学に深く興味を持ち、新生児と関わる職場で働きたいと考えていました。そして大学4年生の時、当院のインターンシップ(看護体験)に申し込み、NICU・GCUを希望し、見学をさせていただきました。1日でしたが、病棟の雰囲気もとても良く、新生児に癒され、また先輩看護師さんも優しく説明して下さり、ここで働きたい!と強く思うようになりました。

働き始めてからは、集中治療の現場である緊張感や責任感の重さを感じ、辛くなることもありました。しかし、プリセプターさんを始め、先輩看護師さんや同期の存在がとても心強く、今まで続けることができました。
プリセプターさんを始め、先輩看護師さんや同期の存在がとても心強く今まで続けることができました

昨年は、新生児蘇生法「専門」コースインストラクター養成講習会を受講し、合格することができました。新生児蘇生法は、出生時に胎外呼吸循環に順調に移行できない新生児に対して、心肺蘇生法をいかに行うべきかを目的としています。講習会では、インストラクター役として実技指導やシナリオ演習を行い、指導方法や演習の進め方をさらに学ぶことができました。

インストラクター取得後は、まず、新生児蘇生法「専門」コース開催時に補助として参加し、現在では実際のコースでインストラクターとして少しずつ指導させていただき、私自身も学びを深めています。

看護師としてまだまだ未熟ではありますが、今後も大好きな新生児看護に携われることに誇りを持ちながら、自分の技術や指導能力の向上を目指していきたいです。小さく産まれた赤ちゃんが、数か月後にご家族の元へ帰っていく姿はとてもうれしいものです。
小さく産まれた赤ちゃんが、数か月後にご家族の元へ帰っていく姿はとてもうれしいものです

学生の皆さん、ぜひインターンシップでNICUへ見学にきてください!一緒に働きましょう。楽しみに待っています。

※子どもさんの写真は、保護者の方の許可を得て撮影、掲載しております

ブログ検索 NICU

病院>職員・ボランティア募集>看護師募集

看護部>部署紹介・看護体制>部署紹介>周産期センター


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.08.19 Tue l 看護師の声 l top