こんにちは、栄養課のハリハリです!
蒸し暑い日が徐々に増え、本格的な夏が近づいてきましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
さて、栄養課では毎月栄養課だよりを発刊しています。
7月のまいもんコーナーでは「とうもろこし」を紹介しています!

今回栄養課だよりを作成するにあたり、東出雲町の干拓地の一画にある
石原さんのとうもろこし畑を見学させていただきました!
見学に訪れたときは、6月中旬だったのでとうもろこしはまだまだ小さく、
これから大きくなっていくところでした!

トウモロコシ

石原さんは一つの株に実を1つだけ残して400g以上の大きな甘い
とうもろこしに育てられるそうです。
7月上旬から下旬までには大きな甘いとうもろこしが収穫されるそうです。

とうもろこしは、朝と夕方に収穫にしたものとでは糖度がなんと約2度も違う
そうです!(朝収穫:約16度 夕方収穫:約14度)
これは、夜の間に実に養分が蓄積されて昼間は成長のために養分が使われて
しまうからです。そのため、陽の昇る前の早朝に収穫したとうもろこしは
実に養分が詰まっていておいしいのです!
 とても新鮮でおいしいと評判で、毎年直売所には早朝から行列ができるほど
だそうです。実は、私の家庭でも毎年このとうもろこしを楽しみにしています。

なんといっても茹でたてのとうもろこしを丸かじりするのが一番おいしいですが、

トウモロコシ2

ちょっとひと手間かけておかずやおつまみにぴったりなレシピをご紹介します☆

とうもろこしのかき揚げ 1人分165kcal

~材料~
・とうもろこし1/4本
・玉ねぎ   1/4個
・えび(小)   3尾
(A) 小麦粉   大さじ1
    冷水     大さじ1
    塩     0.5g

・揚げ油  適量

~作り方~
1.茹でたとうもろこしは実をそぎ落とす、
 玉ねぎは繊維に沿って1㎝の厚さに切る
2.ボウルにを入れてよく混ぜ、1の野菜とえびを入れて
 合わせる
3.170℃の油で揚げる
 きつね色に揚がったらできあがり!!!

今回は、そうめんの上に乗せてみました♪
さっぱりと冷たいそうめんと、とうもろこしの甘みが効いたかき揚げが
美味しくいただけますよ~ ぜひ、おためしください!

盛り付け

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2014.07.03 Thu l 病院いろいろ l top