こんにちは、栄養課のパナップです。
だんだん暖かくなり過ごしやすい季節になってきましたね。晴れた日には外に出て散歩をしたり体を動かしたりしても良いかもしれませんね。

栄養課では毎月栄養課だよりを発行しています。今月のまいもんコーナーは「筍」を紹介しています。

今回栄養課だよりを作成するに当たり、サンデーと一緒に筍堀り体験をしてきました。
訪れたのは安来市の「島田加工農業協同組合」代表理事組合長の岩崎義明さんのご自宅です。
ここの筍は「島田タケノコ」と呼ばれ、あくが少なく柔らかいのが特徴で、東京や大阪でも取引される山陰きってのブランド筍です。

①


私にとって初体験の筍掘り、素人にはとても大変な作業でした。

②


と、ここで貴重な体験をさせて頂きました!!

「筍を生でかじりつく」……

このような体験をしたことがある方は少ないのではないでしょうか。掘りたて30分以内はアクも少なく生で食べられました。

③


たくさん頂いた筍でいろいろな料理を作りました。そのなかでも今回は「採りたて筍レシピ」を紹介したいと思います。
『筍の刺身』
☆材料☆(4人分)
・茹で筍(穂先部分)…2本分
・わかめ(戻したもの)…適量
・みそ…大さじ3
砂糖…大さじ2
みりん…大さじ1 … A
…小さじ1
だし汁…大さじ2
① 筍は食べやすい大きさに切り、水気をよく拭く。わかめはざく切りにする。
Aの材料を順に合わせてよく混ぜ、酢味噌を作る。
③ 器に盛り、酢味噌をかけて完成。

④

今回たくさん貴重な体験や話を聞かせて頂いた岩崎さんに感謝いたします。採りたて新鮮な「島田たけのこ」は直売所で販売されています。筍出荷ピークの時期には筍まつりも開催されるそうなので出かけてみてはいかがでしょうか。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.05.19 Mon l 栄養課だより l top