こんにちは!
栄養課のだんごです。
2月に入りましたがまだまだ寒い日が続き、暖かい春の到来が待ち遠しくなってきましたね!
皆様いかがお過ごしでしょうか。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と言われるように年が明けてから毎年あっという間に過ぎて行ってしまうような気がします。
インフルエンザやノロウイルスが流行する季節ですので、
予防のための手洗いうがいをしっかりして、充実した日々を過ごしたいですね!

2月の代表的な行事といえば、節分ですよね☆
節分といえば、やっぱり豆まき!皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
わたしも小さい頃、豆を片手に「鬼は外!福は内!」と家中に思い切りまいていた思い出があります。
これは中国から伝わった風習で、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払い、
1年の無病息災を祈る儀式で、「魔=鬼」で「魔(ま)を滅(め)っする」という言葉から
豆をまくようになったそうです。

今月のまいもんコーナーでは節分にちなんで「大豆」をご紹介しています。
大豆はたんぱく質の含有量が多く、アミノ酸の組み合わせが動物性タンパクによく似ていることから「畑の肉」とも呼ばれています。
また、豆腐、味噌、醤油、納豆など日本人の食生活にはかかせない加工品がたくさんあることも特徴的ですよね。
今回は、大豆をたっぷり使ったメニューをご紹介します。


1_20140204100235d4c.png


~鶏ひき肉と大豆のトマト煮~
材料(4人分) 
・鶏ひき肉 200g
・人参 1本(約130g)
・玉ねぎ 1個(約180g)
・にんにく 1片
☆水煮大豆 150g
☆カットトマト缶 400g
☆ケチャップ 大2
☆ウスターソース 大1
☆粒形コンソメ 小2
☆水 50㏄
オリーブオイル 適量

作り方
➀にんにく、人参、玉ねぎは粗みじん切りにします。
➁鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、人参、玉ねぎを入れて炒め、
 その後ひき肉を入れて色が変わるまで炒めます。
➂☆の材料を入れ、約10分間煮込みます。
➃味を整えたら、出来上がり(^○^)

私たちはパスタにかけて食べました!
パスタソースとしてもよし!
そのまま食べてもよし!
ご飯にかけてもよし!
パンにかけてもよし!
ぜひ作ってみて下さい!!!

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.02.07 Fri l 栄養課だより l top