チーム連携です!(^^)!

先日、特別養護老人ホーム明翔苑さんへおしかけ勉強会に行ってきました。 
「高齢者の看取りケア」というテーマをもって、ナース5人でお邪魔しました。
なんとこの中には、現在、大学院に通っている東京の病院のナースさんが、
雑誌でおしかけ勉強会のことを知って、「ぜひ、おしかけ勉強会の様子をみさせてください」と
希望されたので、一緒に行くことになりました。
(施設の方も快く了承して下さり、本当にありがとうございました(*^_^*)) 

写真 押しかけ勉強会に行ってきました


高齢者の看取り・・・とっても重たい話ですが、要点は、
「高齢者本人が、どのように生きたいか、
 過したいかを聞いていくこと
 その思いを理解すること
 それに基づいて支援をすること
 が大切ですよ」
ということです。

人間にとって「最期を迎えること」は避けられないことです。
そこに向かうまでは、自分らしく生きたいという思いは誰もがもっていると思います。
この思いが叶えられるかどうかは、“高齢者に関わっている人々にかかっている”  
ここを伝えたくて、“おしかけて”いきました。

元々、施設内でも、研修などを通して、わかっておられましたが、そこが“おしかけ”なので、
私たちの思いを十分に伝えてきました。

グラフ1


アンケートで、思いを大切にできることはよいと答えられており、
今回の勉強が実践へより意識づけられていくのでは・・・と思いました。

グラフ2


高齢者の中には、慣れた環境で最期を迎えたいと願っている方もいらっしゃいます。
ほとんどの方が、「慣れたところで過ごすことをよいこと」と言ってくださり、
これが施設での看取りの基本になるのかな・・・と思いました。

さいごに・・・
施設長さんの終りのあいさつ“理念と知識と実践の統合”でまとめて下さり、
なんて素敵な挨拶!! とお邪魔した5人で盛大な拍手をおくらせて頂きました。

その話しぶりに感動し、反対に当院に来ていただき、
施設の現状や取り組みなどを話していただく予定にしました。
とっても楽しみにしています。

写真 もう秋ですね


ブログ カテゴリ 地域とつながります
 


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.10.04 Fri l 地域とつながります l top