ナースのFです。
先日、看護管理者研修Ⅰを受講しているナースの実習発表会に参加する機会がありました。
全国の赤十字施設から集まった看護管理の道を究める53名の熱い発表と意見交換でした。
私も係長として自分の病院、自部署、また、自分自身を振り返りながら聞きました。

日ごろの管理的な役割と看護の実践者としての役割の両刀使いでの大変さも、
この役割だからできると逆の発想で発表されていることに彼女たちの意気込みを感じ、
まだまだ、私は修業が足りない未熟者だと思いました
(と言っても、外見は、すでに熟しすぎて、かなり枯れかけていますが。。。)


私に不足していることは、もっと『語ること』だと気づきました。
病院、病棟のビジョン、看護実践での思い、スタッフの支援。
どの場面でも自分の言葉で語ることが大事だと改めて思いました。
「男は黙って札幌ビール」(男ではないですが)とか、「後ろ姿で物を言う」と言うのは、古いんですね。

脱線しますが、札幌ビールと言えば、この日帰りの研修で、
唯一立ち寄ったのは恵比寿ガーデンプレイスでした。
残念ながら、一杯飲んで、ということはできませんでしたが(笑)

写真 恵比寿ガーデンプレイス


実はこの研修に行く前に、私は一人の患者さんから叱り飛ばされ、
まだちょっと落ち込んでいます。
不惑の年を遥かに過ぎても、いまだ、迷い、時に落ち込んで後退し、
そろそろとまた歩き始める日々です。
それでも、日常の看護の中に大切なことがみんな詰まっていることを忘れずに、
日々、地道に頑張りたいと思うこのごろです。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.09.10 Tue l 院外研修会・講演会 l top