こんにちは、栄養課のパナップです。
 最近どんどんと気温が高くなって夏本番となってきました!
皆様いかがお過ごしでしょうか?夏バテしていませんか?

栄養課では、毎月その月の旬な食材の豆知識やレシピなどを紹介している、
『栄養課だより』を発行しています。
8月号が完成しましたので、皆さんに紹介させて頂きます。


突然ですが皆さん、夏に美味しい旬の食べ物と言えば何が思い浮かびますでしょうか?
水分や冷たいものが食べたくなるこの季節…みずみずしくて甘い食べ物といえば……

そう、スイカですね!

栄養課だより8月号の「まいもんコーナー」では、そんな旬の“スイカ”を紹介しています。

 ウォーターメロンとも呼ばれるスイカは、90%が水分、10%が糖分という、
大変みずみずしい食べ物です。
渇いた喉を潤し、余分な熱を冷ます作用もあるので、火照った身体を涼しくしてくれます。
また、汗をかいて失った水分を補給してくれるため、夏の暑い時期に最適な食べ物の一つと言えます。

そして、スイカには様々な栄養が含まれています。
動脈硬化やがんを予防するリコピン、体に不必要な塩分を尿中に出す利尿作用のあるカリウム、
血流を良くし、体内の老廃物を体外に排出する作用のあるシトルリン等、
夏バテを解消してくれるような栄養を多く含んでいます。

また、島根県のお隣鳥取県は、スイカの生産量が全国でもトップクラスで、
「大栄スイカ」、「ドバイの太陽」、「東伯がぶりこ」など、
全国でも有名な品種のスイカも知られています。

そんなスイカを使った今回のレシピは、「果肉たっぷり☆スイカのジュレ」を紹介しています。
暑い夏にぴったりのひんやりスイーツです。ぜひ試してみてください。

栄養課だより8月



「果肉たっぷり☆スイカのジュレ」
●材料(4人分)●
・スイカ……………400g
・グラニュー糖……30g
・水…………………50cc
・粉ゼラチン………5g
・レモン汁………小さじ1
・練乳……………お好みで

●作り方●
①スイカは250gをざるでこし、ボウルに入れる(果汁が200cc取れるようにする)。
 残りは1cm角に切り、種を除く。ゼラチンは水小さじ4にふり入れ、ふやかしておく。

②鍋に水、グラニュー糖を入れて火にかける。沸騰したら火を止め、ゼラチンを加えて溶かす。
 ①のボウルに加え、レモン汁も加えて混ぜる。

③ボウルの底を氷水に当て、混ぜながら冷ます。
 果肉を加えて混ぜ、容器に入れて冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。
 スプーンですくって器に盛り付け、できあがり!!
 好みで練乳をかけても★

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.08.16 Fri l 栄養課だより l top