看護師コアラです。
ちょっとリフレッシュしてきました。

メルボルンはオーストラリア大陸の南東部に位置していて、大陸では最南に位置する州都です。
日本からのアクセスは直行便はなく、成田もしくは関空から(日本航空、ジェットスター航空による共同運航便)ゴールド・コースト、ケアンズ経由となり、メルボルンへは国内線乗り継ぎとなります。

地図 メルボルンに行きました


年間を通して雨季もなく、穏やかな気候となっていて大変すごしやすいと言われていますが、
一日の気温の変化が激しく、一日で日本の四季を味わえるほどで、
着る服に困ってしまうことも度々です。

市内は歴史的建築物が残り、ヨーロッパの風情があります。
郊外には、ワイナリーで有名なヤラバレーや、絶景のグレート・オーシャンロード、
愛らしいペンギンパレードが見学できるフィリップアイランドなどの観光スポットがあります。

■ドメイン・シャンドン
ヤラバレーで最も有名なワイナリー、ドメイン・シャンドン。
フランスのモエ・エ・シャンドンが造ったオーストラリア支部だそうです。
シャンパンと共にチーズやパンをつまみながらテイスティングができます。
敷地一杯にブドウ畑が広がり、その景観だけでも見る価値ありです。
島根ワイナリーレベルの私にはとても素敵な場所に思えました。

写真1 ワイナリー ドメイン・シャンドンはメルボルンから車で1時間です


■カフェ好きな方はぜひ!
メルボルンはヨーロッパ系の移民が多いこともあって、カフェ文化が根付いており
老若男女問わずカフェが生活の一部になっているようです。
またイタリア人の移民によってコーヒー文化が発達したそうで、おいしいコーヒーが
日本より安く飲めます。
お洒落カフェと余暇を上手に楽しむ人たちにまみれて、まるでセレブ気取りでカフェ巡りを楽しみました。

写真2 メルボルンの駅

■世界最小のフェアリーペンギンを見に
メルボルンではグレート・オーシャンロードと人気を二分する観光名所であるフィリップアイランド。
日が落ちた頃、フェラリーペンギンがちらほら現れ、だんだん団体の群れとなって
少し離れた茂みや岩場の巣へと向って歩き始めます。
小さい体で一生懸命歩く姿はなんとも可愛らしく…と言いたいところですが、
あまりの寒さにペンギンどころじゃなかったというのが本音でしょうか。

写真3 コアラとカンガルー、ワラビーかも

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.08.09 Fri l あふた~ファイブ l top