こんにちは、栄養課のみりんです。
5月は晴れの日も多く気持ちが良い季節ですよね!
ピクニックに出掛けたり、外で過ごしたくなる気分になります。
海や山で季節を感じながら遊べば、心身共に癒されそうです♪
さて今月は、身近な食材『キャベツ』をご紹介します。

5-1.jpg


キャベツには風邪の予防、美肌作り、ストレス緩和に効果的なビタミンCが豊富に含まれています。
その他、緑の濃い外葉には強い抗酸化作用を持つカロテン、カルシウム、食物繊維は、
便秘の改善だけでなく、腸内環境を良好に保ち、大腸がん、高血圧、動脈硬化、糖尿病、肥満などに効果があります。
また、キャベツから発見された「キャベジン」と呼ばれる「ビタミンU」も多く含まれます。
胃腸の粘膜を丈夫にし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の回復、肝臓の解毒作用があります。
この「ビタミンU」は、特に春キャベツに多く含まれます。
 今回はそんな春キャべツを使った、餃子のレシピを紹介したいと思います。

キャベツたっぷりエビ餃子(3人分)  【1人分…331kcal】
〈材料)
春キャベツ 150g
ニラ 30g
ねぎ 20g
豚ひき肉 100g
エビ(ブラックタイガー) 150g
生姜 1かけ(5g)
にんにく 1かけ(5g)
餃子の皮 25枚

合わせ調味料
酒 大2
ごま油 大1
濃口醤油 小1
鶏ガラスープの素 小1
砂糖 小1/2
こしょう 少々

〈作り方〉
①キャベツ・ニラ・ねぎ・生姜・にんにくをみじん切りにする。
②みじん切りにしたキャベツに塩を少々(分量外)をふってもみ、10分程してしんなりしてきたら
水気をよく絞っておく。
③エビは殻をむいて背わたを取り、3等分にする。
④②のキャベツに①の野菜、豚ひき肉、エビを加え、合わせ調味料と一緒に粘りが出るまでよく混ぜる。
⑤餃子の具を皮で包み、中火で焼き色が付くまで焼く。
焼き色が付いたら餃子の1/3の高さまで水を入れ、蓋をし3~4分強火で蒸し焼きにする。
⑥蓋を取ったら皮がパリッとするまで焼いて出来上がり。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.05.20 Mon l 栄養課だより l top