糖尿病・内分泌内科 ガリバーです。

この度、糖尿病診療の支援を目的として、本年4月より益田赤十字病院へ赴任することとなりました。
現在、益田赤十字病院では、島根大学医学部第一内科出身の三人の医師が
糖尿病診療に従事しておりますが、この内の一人が開業、一人が他病院へ赴任することとなり、
残り一人も大学へ引き上げようかという大変危機的な状況に陥ろうとしていました。

しかし、その一人の先生が「地元である益田に残って研鑽を積みたい」との意思を示され、
彼をサポートしていく体制を模索することとなりました。
彼はまだ経験も浅く、受け持った患者を専門医資格取得用の症例として認めてもらうためには、
常勤の指導医がおり、かつ益田赤十字病院が学会の施設認定を維持していく必要があります。

こうした中、大学同門会長でもある当科佐藤部長に相談があり、
とりあえず1年間を私と佐藤部長とで繋いでいくこととなりました。
まず4月から9月までの半年間を私が、そして10月から翌年3月までの半年間を佐藤部長が
それぞれ赴任することとなりました。
奇しくも、平成10年4月から約1年間、益田赤十字病院で佐藤部長の下、勤務した経験がありますので、
15年振りの益田勤務、そして結婚後初めての単身赴任となります。

月曜日から木曜日まで益田で勤務しますが、金曜日は松江赤十字病院に戻って外来をすることに
なっています(益田~松江の往復が結構応えそうですが…)。
一応身分は益田赤十字病院の職員となりますが、松江に籍、いや席を置いての赴任となります。
患者様、そして職員の皆様方には大変ご迷惑をおかけしますが、
ご理解ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

⑨益田赤十字病院への赴任

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.03.27 Wed l 病院いろいろ l top