こんにちは、ルビーです。

島根大学医学部付属病院よりクリニカルパス大会のお誘いを頂き、
1月31日のまだ凍てつく冬の空の下、当院から7名のパス委員が参加させていただきました。

特別講演には済生会熊本病院院長の副島秀久先生より、
全国クリニカルパス学会で開発された基本的アウトカムマスター(BOM:Basic Outcome Master)の
わかりやすいお話を聞くことができました。

基本的アウトカムマスターとは、各施設でばらばらだった患者さんの目標を
全国共通の言葉で表現したものです。
共通にすることで、色々なデータを他の施設のデータと比較することができるようになり、
当院で取り組むべき内容を決める指標となります。
先生のお話を聞いて、外は寒くても私たちは頑張ろうと熱くなりました。

もう春がすぐそこですが、この情熱を保って、当院でもぜひ基本的アウトカムマスターの導入に取り組み、医療の質向上を目指していきたいと思います。

イラスト 春

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.03.18 Mon l 学会へ行ってきました l top