リハビリテーション課のrihakoです。
12月5日(水)、メンタルヘルス研修会Ⅱに参加しました。

島根大学教育学部の足立智昭准教授を講師に迎え、実務経験10年以上の職員を対象に行われました。
初めは、メンタルヘルスの研修会って何するの?とやや疑問でしたが、
研修が進んでいくうちにだんだんと楽しくなってきて、3時間ちょっとの研修が
あっという間に終わってしましました。小森副院長が最後のあいさつで、
「みなさん、口角が上がっていい顔をしていますね」と言われましたが、本当にその通りで、
最後はみんなが笑顔になっていることが印象的でした。
この研修で気持ちをリフレッシュすることができ、
帰りはみんなの足取りも軽かったように感じました。

ポスター メンタルヘルス研修Ⅱ


今回の研修での目標は「傾聴を通じて、お互いに支えあうことの大切さや
自分の中に問題解決能力があることに気付く」ということでした。
人生経験も豊富な先輩方から私のようにやっと10年そこそこ経過した若者(?)まで、
職種も様々であり、色々な人の話を聞くことは大変興味深く勉強になりました。
人に自分の経験を話すことや人の話を聞くことを通して、
自分の持っている能力(研修ではリソースという言葉で表現されていました)について
再認識することができました。

写真① メンタルヘルス研修Ⅱ


一緒に参加した後輩が「この研修にこんなに時間をかけてくれるなんて、
日赤っていい病院ですよね。もっとたくさんの人に受けてもらいたいですね。」と言っていましたが、
本当にその通りと思いました。
今後もこのメンタルヘルスの研修会を継続してもらい、少しでも多くの職員が、
笑顔で働ける職場となるように願っています。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.01.16 Wed l 院内研修会・講演会 l top