みなさんこんにちは。
ブログ初登場の臨床工学技士のMJです。
普段は臨床工学技士として院内にある様々な医療機器に関連した業務を行っています。
そんな私は、中学と短大時代にバレーボール部に所属していました。
入社と同時に院内のバレーボール部に入部し、現在では代表を務めています。
部員は少なめですが、みんな仲が良くがんばっています。

そのバレー部の最大目標は、年に一度開催される県の病院対抗の大会で優勝することです。
この日のために、部員みんながんばって練習してきました。

そして今年も、その日がやってきました。
男女とも、ここ数年惜しい結果が続いています。
今年こそは、がんばれー。日赤ーっファイッ!!おーっ!!

↓↓↓ 気合十分の日赤メンバー
写真1
写真2


この大会は、男女とも3~4チームで構成されたリーグ戦で予選を行い、1位のみが決勝トーナメント進出となります。
どのチームも最低2回は試合が出来る仕組みとなっています。
優勝する為にはこの予選リーグでこける訳にはいきません!!


男子も女子も開会式直後の第1試合が初戦でした。
男子は隠岐病院、女子は安来第一病院が相手でした。
序盤は朝一ということもあり、全体に硬さが見られましたが、
徐々に硬さも取れてきて、男女とも2-0のストレート勝ちで初戦を飾りました。

↓↓↓ 普段は見せない真面目な表情で試合に臨むK看護師
写真3


男子の予選第2試合は出雲医療生活協同組合(出雲市民病院)が相手でした。
僕が入社して過去3回対戦していますが、一度も勝ったことのない、まさに因縁の相手です。
今年こそは雪辱を果たそうと、みんな気合十分で試合に臨みました。

まさに死闘という言葉がぴったりでした...力の差はほとんどありませんでしたが、今回も勝つことが出来ませんでした。
セットカウント2-0で惜敗しました。

↓↓↓ M総監督のサーブで出雲市民HPを追い上げる
写真4


男子は予選リーグ1勝1敗となり、その後の試合で出雲市民病院が隠岐病院に勝利したため、
予選リーグ敗退という残念な結果に終わりました。
その後、男子メンバーは女子の応援に徹したのでした。
女子は予選リーグの第2試合も勝利し、決勝トーナメント進出を果たしました。

女子は準決勝で県立中央病院と対戦しました。
この県立中央病院は10年以上もの間、病院対抗では負け知らずのまさに最強チームです。
そんな相手に日赤女子が立ち向かいました。

第1セット、前半からリードした日赤女子、相手の反撃もありましたが、このセットを奪いました。
続く第2セット、今度は逆に県中の鋭いサーブ、センターからの攻撃が冴え、セットを落としてしまいました。
セットカウント1-1、勝負の第3セットに向けてもう一度気合を入れ直した日赤女子。
全員の動きに切れが戻り、第3セットは攻撃・レシーブともにかみ合い、ついに県中を撃破。
試合後、メンバーの中には涙する者もいました。

県中との壮絶な準決勝に勝利し、決勝に進出した日赤女子。
相手は島根大学附属病院でした。

第1セット、前半は島大にリードされる場面もありました。
なかなか波に乗れない日赤女子を見かねたM総監督が、すかさずタイムアウトを要求し、
メンバーを落ち着かせます。
このタイムアウトが功を奏し、逆転でこのセットをものにすると、
第2セットも多彩な攻撃で島大を翻弄し、セットカウント2-0で島根大学病院に勝利し、
見事優勝を飾りました!!
勝った瞬間、コートの中だけではなく、ベンチや応援していた我々男子メンバーも
一緒になって大喜びしました。

↓↓↓ タイムアウトでメンバーに気合を入れ直すM総監督
写真5


本当に熱い一日でした。
激闘に次ぐ激闘で、選手たちは皆疲労こんぱいでしたが、見事な優勝でした。
男子は残念な結果に終わりましたが、この負けがまた来年の糧になると思います。
女子は県中の持つ防衛記録を破るために、まずは来年ぜひともV2を達成してもらいたいと思います。

部員のみなさん、朝早くから本当にお疲れ様でした。

写真6

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2012.12.19 Wed l あふた~ファイブ l top