去る10月31日(水)・11月21日(水)の両日第16回地域医療勉強会を行いました。
両日で合計16名の参加がありました。
内訳では調理師さん6名、ヘルパーさん4名その他管理栄養士さん、給食係の方、
歯科衛生士さんなどの参加があり、各施設で実際に調理に携わる方との調理実習となりました。

a.jpg

アイアンシェフ


調理現場の方々との出会いはお互いに有益でありかつ大いに刺激となりました。
今回は「嚥下食レシピ集」を用いてL2~L4b(一口カットとろみ)まで、
それぞれの食形態に応じ調理を行いましたが、現場の調理師さん同士の連携は普段あまり例がなく
その点でも良かったと思います。
何より嬉しかったのは、参加者16名の方全員が(サービスがあるのかも知れませんが)、
再度案内があれば参加したいとアンケートに答えて頂けたことです。
小さな一歩ではありますが、大きな一歩になるかも知れないと期待が膨らみました。
それぞれの施設に嚥下食のアイアンシェフがいれば。すみません張り切りすぎました。(^_^;)

b.jpg

                          
それぞれの嚥下食を調理したのちは、各々写真を撮りつつ出来栄えをチェック。
そしてお待ちかね試食の時間です。
「思ったよりおいしい」「素材がうまければ、嚥下食もなかなかおいいしいな」
「食べるとこんな感じになるのか」「見た目違和感がないかも」などそれぞれぞれのシェフから
感想を聞くことができました。
今回の勉強会が続けばもしかしたら、「こんなにおいしい嚥下食グランプリ(E-1グランプリ)」ができるのかも、と心の中で叫んでしまいました。またまた、張り切りすぎました(^_^;)


2012.12.17 Mon l 栄養課だより l top