春は桜、日本人には桜、映画のシーンなどにも欠かせない存在ですが、松江では、城山のそめいよしの、千手院のしだれ桜などが、有名でしょうか。四月初旬が、見ごろのようです。

ところで、松江には、四月中旬から下旬が見ごろの、華麗にして妖艶な桜があるのをご存じでしょうか。島大の生物資源研究教育センターの本庄農園にある、桜です。
もともと日本では、江戸時代より桜の品種改良が盛んで、隅田川縁などが名所であったそうです。本庄農園の桜は、昭和38年より40年以上かけて植栽され、145品種、500本になります。ピンクの花が塊状になってブーケのようにみえる桜が楊貴妃と言われ一番人気のようです。
NEC_0038 (400x300)

紅色の桜(紅華)や、緑色の桜(御衣黄)もあります。
NEC_0037 (400x300)
NEC_0039 (400x300)


一見の価値があります。今年は間に合わないかもしれませんが・・・旧美保関街道の池のそばで、見ごろも時期には一般開放され、お茶席もできます。
2012.05.02 Wed l あふた~ファイブ l top