こんにちは、栄養課のレモンです。

“第46回糖尿病学の進歩”に参加してきました。
当院からは、ソルト先生と栄養士のレバー・アポロ・レモンの計4名が参加しました。
今年は、3月2日・3日に岩手県盛岡市にある岩手県民会館を中心に、岩手公会堂・盛岡グランドホテルで開催されました。

昨年の大震災から1年。
被災された方々や関係者には心からお見舞い申し上げます。
幸い会場である盛岡市には大きな被害はなく予定通り開催されました。

糖尿病学の進歩1
写真は、岩手県民会館前にて 偶然みんなで出会いました!!

今回のプログラムは、臨床医と医療従事者の糖尿病に関する知識の向上および最新の知識の普及を目的とした教育講演会ということで、糖尿病および急性・慢性合併症の診断、成因、病態、治療や糖尿病の療養指導などに関するさまざまなレクチャーやシンポジウム・ワークショップがありました。
白熱した質問・意見交換により、時間が押してしまう会場もあり、皆さん熱心に勉強しておられました。
私は、糖尿病に関わり始めて日が浅く、分からない用語がたくさん出てきて聴くだけで精一杯のものもありましたが、患者さまへの関わり方など自分なりに勉強することができ、とても身になる経験になりました。

そして、せっかくはるばる岩手県まで来たので、やっぱりお楽しみも必要ということで・・・
盛岡三大麺(冷麺・じゃじゃ麺・わんこそば)のうち「じゃじゃ麺」を食べました。

まずは、上の肉味噌とお好みで生姜を混ぜて食べた後、少し麺を残して生卵を混ぜスープを入れてもらうと「ちーたんたん」の完成です。

糖尿病学の進歩2

↓↓↓↓↓

糖尿病学の進歩3

美味しいお酒と東北ならではのみそ味で、料理の〆にはぴったりのやさしい味でした。

震災復興を願いながら東北の早春を楽しみ、頭とお腹と気持ちも満たされた旅になりました。
この経験を日々の業務に生かしていこうと思います。

最後の写真は、石割桜です。

糖尿病学の進歩4

↓↓↓↓↓

糖尿病学の進歩5

家老の屋敷内の庭にあった巨石にカミナリが落ちてできた割れ目に、エドヒガンザクラという桜の種子が入り込み成長したという伝承があるとても生命力を感じる桜です。
会場の近くにあり見ることができました。
4月の中頃から咲き始めるようですので、皆さん機会があれば満開の桜を見に行ってみてください(*^3^*)★





かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院 栄養部門

松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2012.04.04 Wed l 学会へ行ってきました l top