ブログ久々の登場になります、ドクターソルトです。
専門は糖尿病です。
ブログ名ドクターソルトは、小児糖尿病大山サマーキャンプで、子どもたちがつけてくれたあだ名です。

私ごとですが、昨年の12月に、松江市のくにびきメッセで開催された第6回中四国糖尿病研修セミナーの世話人をさせていただきました。

糖尿病セミナー1
世話人挨拶

このセミナーは日本糖尿病学会中四国支部が主催し、地域の糖尿病療養指導士の実力向上を目指すことを目的に行っているものです。
3つの特別講演を企画し、『糖尿病治療の考え方~最新の知見から~』と題して川崎医科大学加来教授、

糖尿病セミナー2
加来教授講演

『科学的エビデンスに基づいた栄養指導の進め方』と題して神奈川県立保健福祉大学中村教授、

糖尿病セミナー3
中村教授講演

『患者さんのやる気を信じる療養指導』と題して福岡県立大学安酸教授に、それぞれご講演いただきました。

糖尿病セミナー4
安酸教授講演

糖尿病医療や糖尿病対策での保健師、認定看護師のポテンシャルを知っていただくため、2つのパネルディスカッションも用意しました。
『糖尿病対策において保健師が出来ること』と題して行政、病院、職域で実際活動し、素晴らしい業績を挙げている保健師の方々に成果報告をしていただきました。

糖尿病セミナー5
保健師の皆さん

また、『認定看護師の可能性を考える』と題して、県下で活躍中の糖尿病看護認定看護師の方々に認定看護師制度の説明とその活動報告をしていただきました。

糖尿病セミナー6
認定看護師の皆さん

『島根県糖尿病療養指導士の必要性を探る』と題してのパネルディスカッションでは、本来日本糖尿病療養指導士制度では対象外のポジションにありながら、島根県独自の糖尿病療養指導士の資格を取得して、地域で活躍している皆さんにお話していただきました。

糖尿病セミナー7
島根県糖尿病療養指導士の皆さん

非糖尿病学会員クリニック、透析クリニック、訪問看護ステーション、調剤薬局、老人保健施設、歯科医院などでご勤務のコメディカルの皆さんから、療養指導の資格をどのように活かしているのか、問題点なども含めてのお話をお聴きすることにより、島根県糖尿病療養指導士制度の必要性について再認識することができました。
また、糖尿病療養指導において県下のエキスパート的立場にある看護師の方々に『療養指導のコツ』と題した講演をしていただき、長年の指導経験から得られた隠し技を披露・伝授していただきました。

糖尿病のアップデイトな知識を持っていただくだけでなく、いろいろな資格、いろいろな立場で糖尿病医療に従事する皆さまに、島根県の糖尿病医療の充実のために協力して何ができるのか、考えていただく一助となる企画となるように腐心しましたが、県外50名を含む400名を越える参加者もあり、活発な討論が行われ、盛会裏にセミナーを終えることができました。
実施にご協力いただきました、院内糖尿病教育チームの皆さまに心より感謝申し上げます。

糖尿病セミナー8
セミナー後スタッフの皆さんと


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院糖尿病・内分泌内科

松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2012.02.17 Fri l 院外研修会・講演会 l top