こんにちは、看護師のシュシュです。

第38回小児糖尿病サマーキャンプが、8月7日~14日の期間で開催されました。
小学1年生から中学3年生までの17人の子供たちを中心に、さまざまな医療機関の職種、総勢250名以上のスタッフが、ともに暑い夏を過ごしました。
登山・海水浴・運動会・バイキングなど、汗をかき大はしゃぎで楽しむ一方、糖尿病教室など自らの生活を振り返る場もあり、有意義な時間の流れとなっていました。

大山キャンプ2

3月から内科病棟への異動となった私は、今回初のキャンプ体験。
3日目の大山登山にボランティアとして参加させていただきました。
子供たち1人1人には個性があり、不安や戸惑いを抱きつつも自立していく一所懸命な姿、屈託のない笑顔に、私自身もたくさんの元気をいただいたキャンプでした。

大山キャンプ1

参加者はすべてニックネームで呼び合うこと。
『シュシュ』と呼ばれるたびに戸惑いを感じていた私も、終わる頃には自然に反応していた自分に少し笑ってしまいました。

来年から、またひとつ、夏の楽しみが増えました。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.09.28 Wed l 松江日赤イベント l top