はじめまして、教育研修推進室1年生の なすたま です。
夏の恒例イベントとなりました「高校生一日看護体験」の様子をお伝えします。

このイベントは、看護体験を通して看護の心や看護職について理解を深めてもらい、一人でも多くの方に看護職をめざしてもらうことを目的として平成4年から行っています。
年々参加希望してくださる生徒さんも増え、今年は60名定員のところへ100名を超える申し込みをいただきました。(お断りをした生徒さん…ごめんなさい) 

体験が行われたのは暑さもピークとなった8月4日。
この日はまたまた一段と暑~い1日となりましたが、元気な生徒さんたちが参加してくださいました。
看護師のユニフォームに着替え、体験スタートです。

まずは…
小森副院長(看護部長)のあいさつから

高校生一日看護体験1
話を聞いている生徒さんたちの眼差しは真剣で、私自身も看護職をめざした若かりし日を思い出しました(#^.^#)

あいさつでは病院の説明や看護師の仕事、赤十字活動などについて話がありました。

続いて…
赤十字救急法の一部である三角巾を用いた「きずの手当」を体験してもらいました。

高校生一日看護体験2
今後、使うことはない方が良いですが、いざという時のためにお役にたてれば…

普段使わない三角巾を使っての体験でしたが…さすが若者!! 覚えが早い!! 
そして、いよいよ病棟での看護体験です…

初めは緊張した様子でしたが少しずつ笑顔も増えて
看護師、助産師、看護助手と一緒に仕事の一部を体験できました。

高校生一日看護体験3
シーツ交換の体験です

高校生一日看護体験4
電子カルテを使っての説明です

高校生一日看護体験5
血圧測定を体験!上手い!センスあります

高校生一日看護体験7
患者さんともお話しました

高校生一日看護体験6
先輩看護師自ら体を張って説明します(先輩の熱意伝わるといいなぁ~)

高校生一日看護体験8
おなかの中の赤ちゃんって凄い!助産師体験もしてみました

約2時間、それぞれの病棟で看護体験(血圧・脈拍測定、シーツ交換、足浴、洗髪、車いす操作、ヒゲ剃り、沐浴見学、赤ちゃん抱っこ、コミュニケーション他)を行いました。


<体験された生徒さんの感想から>
実際に患者さんと触れ合うことができて勉強になった
知らなかった看護の仕事も知ることができ、めざす上で参考になった
自分自身はコミュニケーションの難しさを感じたが、看護師さんが患者さんに話しかける優しい言葉が印象的だった
笑顔の看護師さんが多く、優しく教えてもらい嬉しかった
体験を通し看護師になりたい気持ちが高まり、絶対になってやるぞと思った
優しい方が多く、温かい環境の中で働いておられとても良かった。ぜひ看護師になったらこの病院で働きたいと思った 
 (嬉しいですね(*^_^*)ぜひぜひお待ちしています!)


素敵な感想ありがとうございました。
感想の言葉に、私たち職員も元気をもらいました。


体験終了後、みんなで記念撮影です 
高校生一日看護体験9

高校生一日看護体験10


半日ずつの体験でしたが、お疲れさまでした。
参加してくださった皆さん、貴重な感想と気づきをありがとうございました。
数年後にはこの中から多くの看護師さんが誕生してくれることを願っています。
高校生活、しっかり楽しんで、勉強頑張ってくださいね!

そして…
忙しい状況の中、看護体験の準備など協力していただいた病院職員の皆さん、ありがとうございました。
松江赤十字病院の看護の心が、体験された生徒さんに伝わったこと嬉しく思います。
お疲れさまでした(#^.^#)


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.09.07 Wed l 看護 l top