こんにちは、のりねこです。
早いもので今年もあと2か月ちょっと…。
新人看護師は就職して半年がたちました。
松江赤十字病院看護部では年間を通して院内研修を行っています。
今日は、「静脈注射研修」の様子をご紹介します。


静脈注射の研修は、就職した年に3回にわけて行っています。
4月には安全に静脈注射ができるように講義を受けます。
5月になって腕の模型を使って注射をします。
最初は、誰もがとっても緊張。
一生懸命シミュレーションしたにもかかわらず頭の中が真っ白で、
針を皮膚に刺そうと思っても手が震えてなかなか刺せません。
指導を受けながら何とか針が血管の中に入り、
薬液を流すことができるようになりました。

半年経った9月。
同じく腕の模型を使って留置針という血管内に長く入れておくことができる針を
挿入する研修を行いました。
DVDを見て、手順を覚えます。

注射1

そしていよいよ演習。
針を刺す手つきが5月の研修の時と違ってものすごくスムーズです!
1回目は針と点滴のセットをつなぐところで四苦八苦した人も、2回目はうまくできました。

注射2


すばらしい成長ぶりに指導者全員が感動しました。
基本を忘れずに安全な注射をこころがけることができるように
これからも指導していきたいと思います。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.18 Mon l 看護 l top