こんにちは、チームれんけいです。
相手からの要望があったわけでもないのに、当方から勝手に出かける「おしかけ勉強会」。
最近出かけた報告をします。

6月10日、『心不全』をテーマに集中ケア認定看護師と心血管センターの看護師スタッフと共に地域の訪問看護ステーションに出かけました。

おしかけ8

『心不全』をテーマに訪問看護ステーションで勉強会をさせてもらうのは、これで4か所目です。
訪問看護ステーション看護師さんが、患者さんの生活に寄り添う活動を聞かせてもらい、毎回、感動します。
病院では、改善した患者さんの病状も、地域へ帰ったら悪化することがあります。
それには、お互いの情報交換や役割を確認し合ったりすることが大切であることを学びました。
訪問先から「かなり顔の見える連携になりましたよ」というお礼のお手紙もいただきました。

おしかけ9


5月25日・6月27日には、『乳がん看護』をテーマに乳がん看護認定看護師と共に近隣の病院とクリニックを尋ねました。

おしかけ11

がん地域連携クリティカルパスの連携も始まることになり、患者さんを中心にケアの連携ができたらとお互いの顔合わせを兼ねて出かけました。

おしかけ10


やっぱり、地域連携は、“顔”を合わせることが基本ですね。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院地域医療連携課



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.07.13 Wed l 地域とつながります l top