当院から派遣していた看護師2名が、約2週間の石巻赤十字病院ER看護支援の任務を終え、無事帰着しました。

救護班36

救護班37

現地に到着した当初に、先に石巻日赤ER支援に赴いていた当院医師に現地の様子などを教えてもらい大変助かったとのこと。やはり情報を持っているのは重要なことです。
石巻では主に夜間帯の勤務をこなし、期間中の休日がたった1日しかない中、ハードな毎日を過ごしたそうです。
ともに勤務したスタッフが優秀な方が多く、非常に勉強になり、緊張感を持って業務に取り組めたと話していました。
また、現地の患者さんから「わざわざ島根から来てくれてありがとう」と感謝の言葉をいただき、非常にやりがいがあったようです。

救護班38


約2週間の任務、大変お疲れさまでした。

2011.06.27 Mon l 赤十字の活動 l top