FC2ブログ
こんにちは、栄養課のKです。

先日はクリスマスでしたね!
クリスマスといえば苺のショートケーキを食べる家庭が多いように思えますが、しかし、そのようなケーキをクリスマスに食べるのは日本が始まりなのだとか。(諸説あり)
それまでは戦前に考案されたもので、日持ちのするようにとバタークリームが使用されていましたが、冷蔵技術の発展により生クリームが使用できるようになり、現在に至るそうです。
昨今バタークリームはめっきり見かけなくなりましたが、生クリームよりあのこってり、そしてもったりとしたクリームの方が好きだ!という方も意外と少なくないのではないでしょうか。
(こんな言い方もおかしいですが)生クリーム世代の私はむしろバタークリームの方が一周回って新しくも感じられます。

ところで海外のクリスマスはというと、12月24日のクリスマスイブから1月6日の公現祭(キリスト顕現を記念する祝日)まで続くそうで、その関係上やはり日持ちするケーキや焼き菓子が好まれました。
例を挙げると

 ブッシュドノエル(フランス)
 クリスマスプティング(イギリス)
 パンドーロ、パネトーネ(イタリア)
 クグロフ(オーストリア)
 シュトーレン(ドイツ)

などなど、なんだか茶色っぽいものばかりですね。

と、ここまでケーキについて少々語らせていただきましたが、当院ではこのようなクリスマスメニューを提供しました。

2018クリスマス栄養課


いかがでしょうか?
患者様に少しでもクリスマスを感じていただけるように気合を入れて準備いたしました!


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2019.01.21 Mon l 栄養課だより l top