FC2ブログ
こんにちは、看護師のSです。
日頃から療養支援委員会のメンバーとして入院中より退院後の生活を見据えた支援を行っています。

この度、当院で開催された「第5回松江赤十字病院・ケアマネジャー合同研修会」に参加してきました。
当院の看護師、ソーシャルワーカー、松江市内のケアマネジャーと総勢150人の参加があり有意義な研修会となりました。

まずケアマネジャーの役割や当院の入退院支援センターについての講義がありました。

ケアマネジャーの方は、入院患者さんに退院後を見据えた情報収集やケアプラン見直しをされます。
看護師からも早めのところで入院中の状態を伝え、退院に向けた支援をしていくことが重要であると改めて感じました。

また入退院支援センターが設置されることにより、入院前から患者さんの情報把握ができ、退院支援がスムーズに行われることが期待されます。

講義後は事例をもとにグループワークを行い、活発な意見交換ができ充実したものとなりました。
入退院を繰り返す患者さんにとって、入院時カンファレンスの有効性も事例で紹介されており、今後入院時カンファレンスも積極的に実施したいと思いました。

退院後も患者さんが地域で安心して過ごせるようにするためには、ケアマネジャーや施設などと情報を共有していくことが必要であると再確認しました。

今回の研修会に参加し、とても多くのことを学ぶことができました。
この学んだことを今後の療養支援にいかしていきたいと思います。

療養支援合同研修会


ブログ検索 療養支援委員会


看護部 HP


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.11.30 Fri l 看護師の声 l top