FC2ブログ
整形外科病棟のKです。

近年日本全国災害がたくさん起きています。
日本だけでなく世界中なのかもしれません。
災害に遭遇しない方が偶然なのかと思えるほどです。
記憶に新しく島根県も地震や豪雨に見舞われました。

ニュースに取り上げられよくご存知だと思いますが、7月岡山県は豪雨により多くの家屋が浸水し、多くの方々が犠牲になり多くの方が避難をされました。
岡山県の被災地に救護班として出動してきました。

救護班K1


当時は梅雨も明けとても暑かったことを覚えています。
現場も情報も混乱している中での出動でしたのでとても不安でした。

到着後は主にたくさんある避難所のうち何カ所かの避難所を巡り、避難されている方の健康状態の把握や避難所が機能しているかなどの評価を行いました。

健康不安がある方、薬がなく今後のことを心配される方、また本当に体調が心配な方など多くの方がおられました。
普段の生活からかけ離れることの大変さを目の当たりにしました。

明日はどこで災害が起こるかわかりません。
もしかすると自身が被災するかもしれません。
その時自分は、家族は、友人は、近所のひとは…そして医療者としてどうするのか?

いろいろなことを考えました。
救護班としての仕事でしたが、いろいろな課題を持ち帰りました。
医療者として研磨をしつつ、自身や大切な家族やひとを守る術を考えていきたいと思います。

近年様々な場所で災害があります。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

救護班K2


ブログ検索 救護

トップページ > 部門・診療科紹介 > 医療社会事業部門 > 災害救護活動


看護部 HP


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.10.12 Fri l 看護師の声 l top