4月7日に出動した救護班が昨日無事に帰還しました。

救護班12


今回の救護班は7日の夜に石巻専修大学に到着しましたが、
その日の午後11時46分、震度6強の地震が発生。
すぐに校舎の3階に避難し全員無事だったとのこと。
さらには津波警報も発令し、かなりの緊張が走ったそうです。

また、活動拠点が石巻専修大学から雄勝町大須というところに急遽変更。
震災の被害が非常に大きい地域の救護を担当したようです。

現地ではNPO法人ジャパンハートから派遣された医師・看護師と協力して
巡回診療や訪問診療などを行ったとのことです。


行きの飛行機内ではJALの客室乗務員の方々から非常に心暖まる応援メッセージをもらえ、

日本が1つになっている

ことを実感し、大きな勇気をもらったようです。
JALのみなさま、本当にありがとうございました。


2011.04.12 Tue l 赤十字の活動 l top