FC2ブログ
こんにちは、栄養課のAです!

土用の丑の日が来ましたね!
今年は丑の日が2回ある二の丑だそうです。
本来、土用は四季それぞれに1回ずつあり、土用の丑の日は年に平均6.09日あるのですが、
現在はその中でも、夏の土用の丑の日のことを単に土用の丑の日と呼んでいます。

土用の丑の日といえばうなぎですね。
当院では今年もうなぎを提供しました。

土用の丑の日


うなぎを食べるようになったのは江戸時代からだそうですが、
どうしてうなぎを食べるようになったのでしょう?

“土用”には、土に感謝する時期
“丑の日”には、田畑を耕すために使う牛(水牛)を休ませる日
という意味があります。
これを“土の気を補うために水の気(=黒いもの)を食べる”という陰陽五行説に基づいた説と合わせ、「土用の丑の日は、田畑に感謝し牛を休ませ黒いものを食べる風習があった」
という説が有力とされています。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.08.10 Fri l 栄養課だより l top