FC2ブログ
こんにちは。栄養課のヒヨコです。

今回はひな祭りについてお話ししたいと思います。

ひな祭りは、ひな人形を飾り、
女の子の健やかな成長と良縁、幸福を願う年中行事です。

ひな祭りが行われる3月3日は、正しくは「上巳の節句」といわれます。
3月最初の巳(み)の日を指し、のちに3日に定まっていったそうです。

「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日の頃に
桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つとされてきたからだとか。


当院では、ひな祭りのお食事メニューとして、散らし寿司とひなあられを提供しました。
小児科では子供向けに散らし寿司でひな人形を作って可愛く盛り付けました!

写真1 加工

写真2 加工


ひな祭りの定番である散らし寿司ですが、元々は行事食ではなかったそうです!

見た目が華やかで、縁起の良い食材を
多く使っているので、ひな祭りに食べられるようになったそうです。
散らし寿司には、たくさんの具を使うので、
「一生食べ物に困らないように」という願いが込められています。

ひなあられは、菱餅を行事の終わりに砕いて作ったのが始まりと言われており、
菱餅の3色に黄色を加えて、ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれの四季を表しています。
また、昔はでんぷんが多く、健康によいと思われていたことから
「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。


お祝いの仕方やお料理は地域によって様々です。
私は小さい頃、ひな祭りに、はな餅を手作りしてもらい、
ひな人形を飾ってお祝いしてもらったのを思い出しました。

はな餅とは、松江に伝わる桃の節句のお菓子です。
団子の粉で作った生地に餡を包み、
素焼き型でかたどり、椿の葉にのせて蒸して作ります。
着色には赤、黄、緑がよく使われ、
素焼き型には、縁起の良い扇や亀、松竹梅など、様々な型があります。

ひな祭りだけではなく、その日ならではの伝統行事や料理を大切にし、
次の世代に興味を持ってもらえるようになりたいです。





かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.03.22 Thu l 栄養課だより l top