こんにちは、8階東病棟の看護師IとHです。

昨年の話になりますが、10月7・8日に秋田県で行われた
第41回日本死の臨床研究会年次大会に参加してきました。

初めての秋田県なのに。。。学会参加でもあり時間の都合上、
観光はできませんでしたが、きりたんぽや稲庭うどんを食べ、
秋田を感じることができました(^^)

島根県と同じくらい田舎なのかなと思っていましたが、
島根県よりもずっと都会でした(笑)

さて、当病棟消化器センター(外科)には
消化器外科・乳腺外科の患者さんが入院され、
手術療法や化学療法、放射線療法が行われています。

その中には終末期の患者さんもおられますが、
日頃看護していても、「もっと何かできるのではないか」と
なんとなく不全感があり、他施設の方のお話も聞き
学びたいと感じ、今回この研修に参加しました。

1番印象に残っているのは、
不全感を感じることは患者さんの身体面だけでなく、
精神面も汲んでいるからこそ起こるものであると
教えていただいたことです。

病棟スタッフと一緒に悩み、葛藤しながら
よりよいケアを提供していけるようにしていきたいと思いました。


秋田

学会




ブログ検索  がん看護





看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.02.16 Fri l 学会へ行ってきました l top