こんにちは!栄養課のテリーヌです。

新年になって2ヶ月が経過しました。
立春を迎えて暦の上では早くも春ですが、寒い日が続いていますね。

2月の行事といえば「節分」ですね。
そもそも「節分」とは、
季節の変わり目である「立春・立夏・立秋・立冬」
それぞれの前日を指すもので、年に4回ありました。

その中でも厳しい寒さを乗り越えた後の
「立春」は1年の始まりとして特に尊ばれ、
旧暦で年が改まる重要な日に当たっていました。
そのため、次第に「節分」といえば「立春」の前日のみを示すようになりました。

皆さんは節分というと何を思い浮かべますか?

我が家では、毎年母が作ってくれた恵方巻きを家族みんなで
その年の恵方を向きながら無言で黙々と食べています(笑)
途中で喋ると運気が逃げてしまうそうです。
恵方巻きは“福を巻き込む”といった意味で縁起のいいものとされています。

ちなみに今年の恵方は「南南東」!
また、豆まきをして年の数だけ豆を食べるのも毎年の恒例行事です。

病院でも節分にちなんで鰯(いわし)と節分豆を提供させていただきました。


写真1


ところで何故節分に鰯を食べるのでしょうか?
私の家では鰯を食べる習慣がないため、疑問に思いました。
節分に鰯を食べる理由は、焼いたときに出るもうもうとした煙で鬼を追い払うため。
その他にも、鬼は柊(ひいらぎ)の葉や鰯の臭いも嫌います。
柊は葉のトゲが鬼の目を刺すと言われ、鰯は鮮度落ちが早く
すぐに悪臭を放つことから、鬼ですら退散するという言い伝えがありました。
そのため、節分には柊と焼いた鰯の頭を玄関に飾る風習があるようです。
鰯を食べたり飾ったり、その地域によって節分の風習は違うようです。


このように節分には様々な風習があります。
恵方巻き、豆まき、そして鰯!
邪気を追い払って無病息災の1年にしたいですね!!


写真2



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.02.28 Wed l 栄養課だより l top