fc2ブログ
看護師のKMです。今年は勤続30年表彰をうけ、記念品として旅行券をいただきましたので、
病院内に残っている同級生6人で3泊4日の記念旅行に出かけました。

米子空港から東京羽田へ。飛行機の中から見えた富士山。雲の中から飛び出ている姿は
やはり日本一を感じました。
飛行機の中で朝食のおにぎりを食べ、こぼしたご飯を胸につけて歩いたMさん。
しばらくして気づいてみんなで大笑いしてスタートしました。

1日目、2日目はクリスマスバージョンのディズニーリゾートにどっぷり浸かって、
夢の世界に入り込みました。
ディズニーも30年、私たちも30年、これは運命だ!と、合わせてさば読み300歳のおばさん6人集団は大はしゃぎ。

写真1 ディズニーも30年、私たちも30年、これは運命だ!


絶叫系が大好き人間と怖がり人間の集まりでしたが、怖がりながらも何とか頑張ってクリアできたTさん。
Sさんは足が痛いと言いながら、一番早く歩いていました。
Iさんは、トイレに行くタイミングが合わず、ディズニーパレードを一緒に見られませんでした。
写メを撮ろうとちょっと視線を外すと、仲間がいない!Oさん、Tさん、私も代わる代わる迷子になっていました。


また、天気は私たちの味方でした。
レストランで昼食を食べている間、急に空が暗くなり大雨が!
でも、食べ終わったころには雨は逃げてくれました。
寒さはついて回りましたが、雨には合わず、おかげで充分楽しむことができました。

宿泊ホテルは、ミラコスタとアンバサダー、そして朝食はシェフミッキー。
朝食のテーブルにミッキーたちが来てくれて大興奮。ディズニーづくしの2日間を過ごしました。

写真2 ディズニーリゾートにどっぷり浸かって夢の世界に入り込みました


3日目はうって変わって、和風の世界へ。歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」を堪能しました。
初めての歌舞伎の舞台鑑賞に、イヤホンガイドと解説書を片手に、
時々オペラグラスも使ってドキドキしながら楽しみました。
昼の部だけでしたが、中村吉右衛門、中村七之助などが登場していました。
12月になればさらにスペシャルメンバーだったようですが・・・。
何はともあれ、これを機会に歌舞伎に興味を持ったのは言うまでもありません。

写真3 歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」を堪能しました


それからその日の夜は、東京タワーと夜景を楽しむわ!とバスに乗り、
あの食材偽装で話題になった帝国ホテルでの食事でした。
ディズニーリゾートでは簡単なものしか食べなかったので、その分しっかりと食べました。
焼きたてのローストビーフ・・・おいしかったです。

さて、いよいよ最終日の4日目。雲ひとつない青い空の中、いざスカイツリーへ。
事前の予約をしていたからこそ順調に入ることができましたが、順番待ちの人の行列のすごいこと!
予約していなかったらあきらめないといけないところでした。
天気が良かったおかげで、しっかりとスカイツリーの影を撮ることもできました。

写真4 天気が良かったおかげで、しっかりとスカイツリーの影を撮ることもできました


その後は浅草を回ってから築地のお寿司を食べることができました。
羽田から帰る頃には関東地方の天気は下り坂。
雨をすり抜ける私たちって晴れ女集団だったのかも・・・。

楽しかった4日間はとにかくよく歩きました。
1日目は1万8千歩、2日目は2万歩、3日目、4日目はやや少なかったものの1万歩は越えていました。
普段は3~5千歩程度しか歩いていない私たちでしたが、必死に歩き、
その上にディズニーのキャストと共に踊り、しっかりとカロリー消費をしたはず。
帰ってから期待して乗った体重計。
結果は・・・やはり日頃からの運動が大切だと思いました。

写真5 浅草を回ってから築地のお寿司を食べることができました

この4日間のおかげで同級生の絆がさらに深まり、チームワークの強化ができました。
充電させてもらえたので、もう少し頑張れそうです。
さて、今度はどこを目標にするか、みんなで相談しましょう。

ブログ検索  旅行 勤続

ブログ カテゴリ あふた~ファイブ
 

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.31 Fri l あふた~ファイブ l top
先日1月4日(土)に一畑百貨店松江の催会場で開催の「北原照久昭和のコレクション展、
毛利フジオ昭和を描く」に出かけた。
当初は別に昭和にタイムスリップしたいという気持ちからではなく、
妻に誘われたから出かけた、というのが本音である。


しかし、昭和生まれの小生にとってはやはり、懐かしい展示品に心がわくわくしてきた。
毛利フジオが描く昭和の世界には懐かしさ一杯。
ボンネットバスを見たときに
「そういえば当時車掌が乗っていて、バスの中で切符を切っていたなあ」と思い出す。
同時になぜかかの有名な一畑パークの歌が頭の中で回っている。
「一畑パークへ行こうかな。
ドライブウェイは素敵だな。動物園も飛行機も、花も一杯咲いてるよ。一畑パーク」
当時の小学生は誰でも歌えた歌である。

そんなことを思いつつ展示品に目をやると、既に気持ちは昭和30年代。
「忍者部隊月光」のお面は夏祭りや秋祭りの定番であった。

電気屋の前には必ずビクターの犬の置物か「光速エスパー」の人形が置いてあり目印となっていた。
薬局の前にはゾウの佐藤ちゃんが置いてあったものである。

雑貨店の壁には「由美かおるのアース渦巻のかとり線香の看板」があり、
「ボンカレーの看板(女優の名は思い出せないが)」が定番であった。

貧しくても心が豊かな時代であったような気がする。
ふと現実に目をやると平成の世である。
もはや「オールウェイズ」の世界どころではない。
しかし、昭和30年代当時から見れば現代は夢の世界である。
ただ一つ共通点があるとすれば「東京オリンピック前」であろう。
多分小生は生きてはいないがこれからの50年後の世界が楽しみでもある。
                    
チームれんけい S

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.28 Tue l あふた~ファイブ l top
 益田での生活も半分を終えようとしています。
3巡目の外来となりますので、これまで悪いままであった患者さんにも少しずつ変化が実感されるようになっています。人は関わり次第で変わるものだと、改めて実感しています。
栄養指導も、これまでの9時から30分早めてもらい、8時30分から始めてもらうようにしました。
新規採用の若い栄養士さんもいますので、患者さんの指導を通して大きく育ってもらいたいと思っています。
もちろん、松江と同様に、厳しい駄目だしをしておりますので、栄養士さんたちからは、
怖がられているかもしれませんが・・・。

 12月7日は、秋田へ講演に出かけました。県南の由利本荘市で開催された、
糖尿病の医療連携を考える会の立ち上げの講演会(糖尿病ネットワーク講演会2013)で
『地域の実情に合わせた糖尿病対策・医療連携の進め方-都市部(松江地域)・山間部広域過疎地(雲南地域)での経験から-』と題してお話しさせていただきました。
 由利本荘市は、平成の大合併で本荘市と隣接の由利郡がいっしょになって出来た市です。
過疎化が進む地域で、医師不足も手伝って医療の過疎化も進行しているようです。
中核病院としては、由利組合総合病院と本荘第一病院があり、両病院を中心に
地域の開業の先生との糖尿病の医療連携を進めることを目的に会が立ち上がりました。
 地域の状況としては、雲南地域と類似するところがありましたので、
松江地域と雲南地域での糖尿病対策・医療連携を例に、地域の実情に合わせた、
行政も巻き込んだヒューマン・ネットワーク構築が重要であることをお話しさせていただきました。
会場には、両病院関係スタッフの他、保健所、地域の介護関係者も含むコメディカルスタッフの方々も参加しておられました。
 情報交換会の後、両病院と医師会の世話人の先生方といっしょに食事をさせていただきました。
秋田の美味しいお魚と、旨いお酒をいただいて、短い時間ではありましたが、
地域の糖尿病医療連携をどう進めるか熱い意見交換をさせていただき、
1年後の再会を約してお開きとなりました。

写真1

 宿泊は、秋田市でしたので、高速道で秋田に戻ったのは、0時前でした。
翌日は8時にホテルを出て、高速道で秋田空港に向かいました。
途中、ふと横を見ますと、日赤マークを掲げた大きな建物が目に入りました。
秋田赤十字病院で、病院自体も大きいのですが、看護大学を併設しているので、より巨大に感じられました。

写真2

 帰路は、萩・石見空港に戻るため、ANAを利用して羽田経由で帰ってきました。
羽田空港に着陸して、空港ターミナルに向かう途中、政府専用機のジャンボ・ジェットが目に留まりました。
尾翼の日の丸と、船首の日本国の3文字がとても、目を引きました。

写真3

政府専用機は、不足の事態に対応するため2機で行動するようですが、羽田では1機しか確認出来ませんでした。
 
私は、飛行機に乗る時、可能な限り富士山の見える左側の窓際に乗ることにしています。
この日も素晴らしい富士山を見ることが出来ました。
往きは静岡側からの、帰りは、山梨側からの富士山を見ることが出来ます。
山梨側からの富士山の方が、形はきれいですし、飛行経路の関係で、
より近くから富士山を見ることが出来ます。

写真4


 石見空港が近づき、高度を落としていくと、雲の切れ間から、美しく輝く日本海が見えてきました。
ちょうど、江の川の河口近くに出たようです。
鏡のようにキラキラと輝く日本海の美しさに見とれ息を呑みました。

写真5

浜田漁港、三隅の火力発電所、益田川、高津川を目で追いながら、石見空港に無事着陸しました。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.22 Wed l 病院いろいろ l top
10階病棟の看護師Sです。

先日、後輩のYKちゃんと一緒に、千葉県の幕張メッセで行われた、
NPO法人日本リハビリテーション看護学会第25回学術大会に参加させていただきました。
参加といっても残念ながら演題発表ではなく、自己研鑽とリフレッシュ目的の旅ですが、
とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

当病棟は、亜急性病床と一般病床を合わせた混合病棟となっています。
病床回転も速く、なかなか思うようなリハビリ看護が提供できないジレンマと、
ここ最近、夜勤を含めた勤務体制の変更により少々疲労気味なアラフォーの身体に
新鮮な風を吹き込もうと、意気込んで参加しました。

しかし、今年の秋は台風の発生、被害に見舞われた年。
私たちが出発しようとしている日が近づくと、関東地方に向けなんと二つの台風が接近中。
新鮮な風どころか大嵐に遭遇しそう。

ポスター 日本リハビリテーション看護学会第25回学術大会に行ってきました!

出発できるのか?行けたとしても帰れるのか?帰れなかったら仕事がやばい。
などなど気が気でない思いで、毎日天気図と予想進路図とにらめっこ。
仕事も先輩に代わってもらって準備万端にして、どうにかなるさと出発当日を迎えました。

出発当日、雨と少々の風はあるけれど予定通り飛行機が離陸。
3人目育児休暇後、久々の飛行機での遠出にわくわくしながら羽田に無事に降り立ちました。
羽田からバスに乗り、いざ幕張メッセへ。

幕張メッセ周辺に到着すると、なんだか通りすがる人達の格好があやしい。
向こう側からピエロの仮装の2人組や、口が裂けているドラキュラメイクのお姉さん、
手作りの衣装に身をまとっている人達や、親子で仮装などなど、
松江では見かけることもない光景に2人で大笑いしながらしばし人間ウォッチング。
どうやら、同じ会場で某アーティスト主催によるハロウィン仮装パーティーが開かれていたようです。

イラスト ハロウィン

さて本題の学会ですが、一日目は25周年記念式典。
日本看護協会会長、坂本すが氏の記念講演を聞き終了。
夜にかけて台風接近ということもあり、夕食は、ホテルで中華バイキングをきれいな夜景を眺めながらいただきました。

部屋に戻りテレビをつけると、なんと千葉県全域に大雨洪水警報発令中。
ホテルの部屋では風や雨の様子は全く感じず、2日目にそなえて就寝。
夜中には台風に加えて地震もあったようで、YKちゃんは地震のあとあまり眠れなかったというけど、私は全く気付かず爆睡。

そんなこんなで今回のメインの2日目を迎えました。
朝から強めの雨と風。しかしさすが都会。ホテルから会場までは屋根付きで移動でき、傘いらず。

朝から、全国から集まった方たちのポスター演題発表、口演に興味津々で聞き入り、
ランチョンセミナーや体験セッションでは今話題のコーチングの講習を受けて、充実した1日を過ごしました。

学会参加初のYKちゃん。来年も参加したいと活力みなぎっていました。
コーチングの講習は短時間でしたが、とても新鮮で自分自身を見つめる貴重な時間でした。
終わるころには台風も過ぎ、外は穏やかな天気に。
2日目の夕食は駅まで少し歩いて、蒸ししゃぶを堪能しました。

3日目いよいよ松江に帰る日です。飛行機欠航の心配をよそに、外は台風一過できれいな青空。
帰る前に私のたっての希望で、お台場へ。ダイバーシティー東京で、
旦那の大好きなガンダムを写真に収めお土産に。
その後ショッピングを満喫して、松江に予定通り帰ることができました。

写真 東京のくもり空とダイバーシティにそびえたつガンダム

現実に戻ると元の忙しい毎日ですが、この学会で学んだことを少しずつ役に立てるよう、
病棟にも新鮮な風が吹き込めるよう(台風ではなく)こつこつとがんばろうと誓ったよい経験でした。


ブログ検索 学会  リハビリテーション

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.20 Mon l 学会へ行ってきました l top
少し遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。
栄養課 池田です。
みなさん、お正月はどう過ごされましたか?

私はもっぱら寝正月派なんですが・・・
当院では元日と2日にお正月献立を提供しました
今回はこの「お正月献立」を患者様のもとへ無事提供するまでの「てんやわんや」の日々を紹介したいと思います。

4_20140110161923125.jpg

1月1日 朝食「ご飯・みそ汁・煮なます・黒豆・赤貝・牛乳」

黒豆は一晩水につけ、6時間弱火でコトコト。

1_201401101619180bc.jpg

1月1日 昼食「ご飯・エビの姿煮・二色卵・くらげのマリネ・おしるこ・ゼリー」

そして「二色卵」
ゆで卵230個!!! をむくむくむくむくむむむむ・・・・・・・
ふぅ~。白身と黄身に分けてと。
二色の層になるようにキレイに成形して蒸しあげてと。
5人がかりで3時間!
ふぅ~~出来たぁぁ!!

2_201401101619195d5.jpg

1月1日 夕食 「ご飯・鯛の煮付・しんじょの清汁・果物」

次は煮しめと清ましの「花人参」と「花大根」。
生の人参と大根を輪切りにして型抜きで型を抜きました。
総数1000枚!!!
ひょえ~と内心思いつつ、はいっ!やりますよ!
100枚 、 200枚 、 300枚 、 ・・・・・・
て、て、手が痛いぞーい!
生の人参ってけっこう硬い・・・あ?今、何枚目だっけ・・・・
年超すぞー!急げー!!

かんぴょうまき


1月2日 昼食「ご飯・松風焼・きんかん・清雑煮・煮付盛合せ」

はい、次! 煮付盛合せの「かんぴょう巻き」
1週間ほど前から用意開始。8cmに切ったかんぴょう3本を4本目で結んでいきます。
これがなかなか結びにくい。
引っ張り過ぎて切れたり、左右の長さが合わなかったりと、日々の作業が終了した人から
毎日コツコツ!
やっと200個完成。ふぅ~。手がかんぴょうクサッ!


食材のキレイな色をそのまま患者様のもとへお届け出来るように、
仕上がりがより美しくなるように、調理時間や調理法を考えて試作し、見栄えよく美しく盛り付けるよう気を配りました。
日々、多くのメニューを一から手作りしています。
こんな日々の年末年始を繰り広げ、やっと患者様のもとへ。
はぁ良かった。
「ほっ」と胸をなでおろしたのでございます。


患者様とご家族の笑顔がひとつでも増えますようにと願いをこめて・・・


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2014.01.17 Fri l 栄養課からのお知らせ l top
寒い日々が続きますねぇ~
今年は三波型寒波の影響で100年ぶりエジプトに雪が降り、
例年に比べて世の中、冬の訪れが早いように感じますが、冬の訪れと言えばスキー場開き!
って事で、松江日赤スノーボード部(非公認)が、
瑞穂ハイランドと、だいせんホワイトリゾートのスキー場開きで
ゲレンデをお尻でボコボコに荒らしてきました。
今年もいよいよ活動開始です。

申し遅れました、私、放射線科のバブルのスノーボーダーT です。

今回残念ながら悲願であるソチオリンピックには我チームからのメンバーを送り出すことは間に合いませんでしたが、瑞穂ハイランドでは元松江日赤スノーボード部で活躍していた、現在は邑南地区の看護師2名の方にも参戦していただき、パークでの妙技を披露していただきました。

瑞穂1

瑞穂2


大山ではスキー場開きに80cm近くの積雪があるのは久しぶりです。
大山駐車場は早めに行ったつもりが、あのバブル期以来の賑わいで慌てました。

大山1

バブルといえば、あの不朽の名作「私をスキーに連れてってぇ(^^)」
お恥ずかしながら、わたくしも強く影響を受けておりました。
というか、いまだにこの時期になると映画を見返したりしています(^^;
部員にも「私スキ」見てテンション上げようぜーって言っては毎回冷ややかに・・・。
近頃の若者はあのよさがわかっちゃいないぜぇ。

大山2

大山3


部活は非公認ですが地味に真面目にやって、部員の輪広げてますので、
興味のある方は、是非!

★練習は厳しいがカービングターンまではなんとかなります。
イントラやバッジの方もおられますので是非参戦を!!
では現地集合でお会いしましょう。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。


2014.01.15 Wed l あふた~ファイブ l top
こんにちは。栄養課の葉迫です。
12月20日に小児科病棟でクリスマスイベントがあり、
栄養課でもクリスマスの雰囲気を味わってもらえるような
デザートを作らせて頂きました。
本番まで色々な案を考え、アレルギーの子用のデザートは
何がいいかなど、試作を重ね本番を迎えました。
作ったのは3種類。
アレルギー対応の『卵・乳除去パンケーキ』と
『いちごとキウイのゼリー』
そして一番苦労した『ミニデコレーションケーキ』
デコレーションケーキは、一番下にチョコレートムースを敷き、
その上に生クリーム&バナナ、スポンジケーキ&生クリームと
層になっており、一番上にいちごのサンタ、小枝、星型キウイが
乗っています。

1_201401061033432fe.jpg

2_20140106103344e1b.jpg

30人分を作るのは思っていた以上に時間もかかり、
いちごで作ったサンタの目もなかなかくっついてくれず
手こずりましたが、なんとか時間には間に合い患者さんの元へ・・・。

頑張った甲斐もあり『わ~!かわいい♡』の声が聞けました。

3_20140106103346ab8.jpg


一番集中したのは、爪楊枝でひとつひとつチョコの目を付ける作業。
  それぞれサンタの顔が違い、そこに手作り感が出ていて
愛着がわきました。

4_20140106103348d55.jpg

また機会があれば、もっと子供達に喜んでもらえるような
ケーキを考えたいと思います。
喜ぶ顔を思い浮かべながら色々考えている時間は、
とても楽しくやりがいを感じました。
栄養課としてこういった行事に今後も参加させて
頂きたいと思います。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.14 Tue l 栄養課からのお知らせ l top
若い先生と飲みニュケーションに勤しむ忠犬です。

臨床研修指導医講習会・・・名前からして仰々しく、いったいどんな講義が行われるのか、
正直、この臨床研修制度のもとで研修時代を過ごしたのでない自分は最初から不安でした…。
(現在の臨床研修制度は平成16年に創設され、2年以上の臨床研修の必修化が定められました)
が、K先生より励ましのお言葉をいただき参加するに至りました。
他病院からの先生方もお迎えし、2日間にわたり行われました。

指導医講習会ブログ用1


グループワークを中心に1日目は‘医療のプロフェッショナルとは’で始まり、
研修目標の設定、カリキュラムの組み方、研修医へのフィードバックの方法といった内容でしたが「指導!」というよりは目指すべき臨床医像に向かうためにいざなう、メッセージを伝える方法といった印象でした。

グループワークで最初は思いついたことを気ままに羅列していた自分も、
だんだんワークショップが進むにつれてその難しさに沈黙が…。
ついタスクフォースの先生に助けを求めたりしてどうにか進んでいきました。
今までこんな指導を受けていたらどんな自分になっていただろう…そんな想いにふと浸ります。

指導医講習会ブログ用2

1日目の修了時点ですでに疲労困憊。
そんな中に行われた懇親会。
疲れた頭にアルコールがよどみなく染み込み、本日の感想をかわしました。

2日目は具体的な話となり、臨床技能の教え方のワークショップを行い、
市立堺病院の藤本先生に研修の実際をご教授いただきました。
各科の垣根を超え、教科書に載っているような特徴的な症状、手技を実際に患者様から学ばせていただくことで一人前の医者ができていくのを感じました。

指導医講習会ブログ用3


実際これをどう生かすかですが、自分が所属する科の特殊性から、日々、研修医との接し方に悩むところがありましたが、当科に興味を持っていただける手助けになるといいなと思います。
また、研修医を指導する自分が医療のプロとして、人としてどうあるべきかを確認する講習会ともなりました。



小児科の樋口です。

臨床研修指導医講習会を受講しました。
レクチャー聴講や、グループにわかれてのシミュレーションなどを行いました。
今回参加した講習会は、当院が会場であったため、講師も受講者の大半も顔見知りであり、
必要以上に緊張することもなくコミュニケーションもとりやすかったように感じます。

私は卒後臨床研修制度が始まって2期目に研修を行いました。
当時は開始後まもなくということもあり、まだシステム自体手探りな面もあったように思われますが、そのぶん研修医の立場として、こういうところが整ったらよいなと気づくこともありました。

指導医・研修医同士、一生懸命なのですが、お互い初対面で相手のことはほとんど知らないのですし、診療科ごとに短期間での研修です。
ですから、開始時から体系的に、より効率的・効果的な研修が行えるような、
プログラムや意識づけが大事だと思います。

指導医講習会ブログ用4


教育研修推進室

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

 
2014.01.13 Mon l 院内研修会・講演会 l top
リハ病棟のNs Mです。
リハビリ病棟では、「患者様の笑顔が見たい」「ひとときでも一緒に楽しい思いを共有したい」と考え、演奏会を計画しました。

演奏会は、12月4日、大正琴サークル「ピッコロ・ドルチェ」を招いて、
リハ病棟の食堂で、20名余りの患者さんの参加のもと始まりました。

DSCF9467.jpg

懐かしい曲の演奏があり、みんなで合唱できる“瀬戸の花嫁”をみんなで歌いました。
また、クリスマスが近いこともあり、演奏者の人たちはサンタクロースの帽子やトナカイの飾りをつけ、患者さん達の中には打楽器を手に持ってもらい、“きよしこの夜”、“あわてん坊のサンタクロース”など一緒に歌ったり演奏したりしてひとときを過ごしました。

DSCF9486.jpg

DSCF9481.jpg


会場はきれいな大正琴のメロディーと緩やかな時間が流れていました。
中には感動して涙する人も。
参加された方はもちろん、参加できなかった人も病棟中にここちよい大正琴の音が響き渡っていました。

患者さんからは「素敵だったね」「よかったよ」とうれしい声を聞く事ができました。

ブログ検索 リハビリ病棟
 
看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2014.01.10 Fri l 松江日赤イベント l top
副院長のKです。

皆様あけましておめでとうございます。
年末、年始はいかがお過ごしでしたか。
小生、年末にゴルフを予定していましたがご覧のとおりスキー場と化していました。
ゴルフは断念です。
運よく2014年1月5日には雪が解けてゴルフができました。
ゴルフをしない方にはわからないと思いますがスコアは47、46でした。
みなさんも今年も仕事、余暇にオン オフをつけて頑張ってください。

※ちなみに玉造温泉カントリークラブは玉造の温泉街ではなく来待にあります。
 間違えないように。以前当院に赴任された先生が温泉街をめがけてゴルフ場
 探されたそうです。

図3
1_2014010815564398c.png
2_20140108155645013.png

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.09 Thu l 病院いろいろ l top