fc2ブログ
 11月15日〈金〉に病院全体の忘年会が、ありました。
親睦をかね、各診療科・技術職で出し物を出すことになりました。

 検査部の出し物を任された、Oさん・Mさん。
二人で相談して、今話題のAKB48の
“恋するフォーチュンクッキー”を検査部の皆に少しずつ踊ってもらって、
動画を編集することにしました。皆のところにお願いして回りました。

スナップショット 3 (2013-11-16 13-27)
スナップショット 4 (2013-11-16 13-27)


患者さんから頂いた、手作りのキューピー人形も出演しました。

IMG_0341.jpg


なかなか踊りのリズムにのれないおばさん?シスターズ。
歌って踊れる、内視鏡ボーイ&ガールズ。
武道をやっているので、踊りに切れがあるI君。
くまもんの着ぐるみで頑張ったMさん。
通りかかった先生方にもご出演いただきました。

皆に協力してもらって、素敵なビデオができました。
若い行動力と団結力に検査部の未来は明るいなと思いました。
おばさんもがんばるぞ!!                
おばちゃん技師

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.28 Thu l 病院いろいろ l top
こんにちは、「ちょっとおばさんなのねっこ」です。

さて、勤続20年!でもらえる特別休暇3日と夏休み3日、
年休を利用してちょっと出かけてきました。
旅行券5万円も頂きましたが、今回は使わず別に使う予定です。

私はマイルが1.5倍つくカードを使っています。
自分の旅行とクレジットカードで20年かけて貯めているマイルを使って旅行に行ってきました。

行きはエコノミーでしたが、帰りはアメリカのレイバーデイの関係で席が少なかったのか、
国内はファーストクラス、アメリカ-日本はビジネスファーストでした!!!
マイレージってこんなことがあるんですね(*^^*)

さて、ファーストクラスはもちろん別カウンタでチェックイン、
最初の方で搭乗ですから待ちません。
降りたのも4番目とか6番目だし、スーツケースも4番目とか10番目でした。
すごい!楽ち~ん(^^)

写真1 ファーストクラスチケットと荷物の優先タグ


さて、搭乗するとまず「お飲み物は?」と聞かれ、お水かジュースを頼み、
離陸すると今度はアルコールです!
しかもちゃんとしたグラス!

国際線は小さい器に入った温めたナッツがスナック。食事は陶器で皿は別々、
ステンレスのナイフとフォーク、シェーカーに入った塩胡椒。
食事はサーモンかチキンか聞かれたのでサーモンにしました。
生サーモンにサラダが出て食べきれないうちに「下げていいですか」って?え?え?ま「はい」というしかなく。。。

そしたらなんとそれは前菜で、メインディッシュはまた別。
おおき~なサーモンのムニエル。
赤ワインも2択。
訳がわからないのでラベルにいっぱい書いてあるのにしたりして。。。
美味しかったです。

食後は、国内線は「お好きなケーキは?」、国際線はアイスクリームに好きなトッピングを聞かれ、
チーズのオードブルも。
夜中はおにぎりにサンドイッチ。
国内線は「ケーキはどれがお好みですか?」「スナックはいかがですか」「プレッチェルとかどれがお好きですか?」って、かごいっぱい入った中からよりどりみどりみどり。。。

写真2 国際線ビジネスファーストのお食事メニュー

わ~って感じ。o(^。^o)(o^-^)o o(^。^o)(o^-^)o
みなさん、太りたいならファーストです!

でもですね。慣れなくて、、、 国際線はトレイをどうやって出すのかわからないし、
どれがライトのスイッチ?って感じ。
アイマスクやソックスの入ったポーチ、スリッパまであったけど最初はそれが自分のとは思わず。。。
ま、もう少し可愛くてもいいけど。。。

写真3 国際線ビジネスファーストでついてくるポーチとグッズ

でもでもでも、何と言っても平らになる椅子!熟睡!!!
10時間も超えるとちょっとこっちにしようかなって!、そんなお金あるかって。。。。
掛物もあの薄~い毛布でなくパッドの入ったの。
座席正面下の「この空間って何?荷物入れにしちゃ小さいしっ」て思ったスペース、寝てみて納得。
靴入れでした。
それでスリッパもあるのかってこっちも納得。

映画スクリーンはエコノミーの4倍大?新作映画も15本くらいはあって、
旧作もコメディー、アクション、ドキュメンタリー、、、とよりどりみどり。
しかも「博士の異常な愛情」なんてクラシックもあるし。
ネットで見たら250本って。ずっと乗ってなくちゃならないじゃん(^^;)
ヘッドフォンはもちろん高そうな耳あての厚~いの。

ところが、ところが、周りはたぶん、お金持ち。
写真撮るのは気が引けて。。。撮れず。。。( ^^)( ^.^)( 。。)( __)
着ているものはラフでも時計とか指輪とかお金持ち~なオーラが出てます!
みんなIPad+15型くらいのノートPC持ち。
ていうかゲート内で誰も彼もがパソコン開いてますがみんな15型位でした。
アメリカ人パソコン筋トレ中です(A^^;)

さて物価が高い日本ですが、日本なら100円ショップで買える老眼鏡(^^;;)。
落としてしまって空港で買ったら20ドル、20倍です!!高っ!!クオリティは100円ショップレベルでしたが。。。「日本だったら1ドルよ」って言ったら、「知ってます」って。日本人文句言うのかな。。

写真4 日本なら105円の安い老眼鏡と同じクオリティなのに2000円!高っ


電気屋さんでちょっと買い物してサインしたら「それって日本語?」「そうですよ」
「Coooooooool!」「そうなの?」「うん、クールな物ってみんな日本から来るでしょ!」って。
こんなおばさんまでCooolになった気分です。
日本さすがです。

ってことで、日本人に誇りをもち、ちょっとリフレッシュしてきましたのでまた頑張ります!
p(*^^*)q


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2013.11.26 Tue l あふた~ファイブ l top
こんにちは!栄養課のハリハリです。
朝晩の冷え込みも一段と増し、日中でも冷たい風が吹き、だんだんと
冬が近づいているように感じる今日この頃ですが、私はこの寒さの
せいで風邪をひいてしまいました。
早く治したいと思います!
皆さんは体調を崩さないように気を付けてくださいね~!!!

さて、今月のまいもんコーナーは「さば」を紹介します。
さばといえば一年中見かけるとても馴染みのある魚ですが、
日本近海では「マサバ」と「ゴマサバ」の二種類が漁獲されます。
この時期美味しいとされるのはマサバです。産卵を終えて冬にむけて
栄養を蓄えるため脂の乗りがとてもよくなるためです。

さばの料理といえば、味噌煮や塩さば、〆サバなど様々な美味しいものが
思い浮かびますね~!病院では「さばのおろしかけ」「さばの味噌煮」で
登場しています。どちらのメニューも好評ですよ☆
今回は、病院のレシピが知りたいというご要望にお応えして、
私達栄養課スタッフいちおしの「さばのおろしがけ」をご紹介します。
カラッと揚がったさばにさっぱりしたおろしをかけて、
あっさりと頂ける1品です☆
さばのおろしがけ  1人分209kcal

1_2013111510161234b.png

【材料】
             さば     1切れ(60g)
     
            ※A
                    おろし生姜    0.5g
            酒        2g
            濃口醤油     2g
     小麦粉      2g
     油        5g
     大根おろし    60g
     
            ※B
                   濃口醤油     5g
          酒        3.5g
          みりん      4.5g
          だし汁      30cc
     貝割れ大根    3g
【作り方】
 ①さばにAで下味をつける
 ②下味をつけたさばに小麦粉をまぶして
  180℃の油で3~4分揚げる
 ③鍋にBを入れてひと煮立ちしたら
  大根おろしを加え、アクをとりながら煮込む
 ④揚げたさばに③のおろしをかけて貝割れ大根を
  飾ったら出来上がり!!!

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.22 Fri l 病院いろいろ l top
前回に引き続き、新たに誕生した認定看護師の自己紹介文を掲載します。

今回は、写真向かって右側の野津看護師です↓↓↓
認定看護師


救命救急センター 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 野津栄子

私は新卒で呼吸器病棟へ配属となりました。
当時はまだ呼吸器科ができたばかりで、内科、外科の患者さんの看護を手探りで
先輩看護師さんたちと一生懸命やっていました。
その時の経験は自分の基礎となっていると思っています。

救急外来へ配属になった後に救命救急センターができ、医療や看護ケアが高度化、複雑化していく中で、
私の好きな呼吸器ケアの専門的知識をもっと養いたい、もっと呼吸器疾患患者さんの役に立ちたいと考え
「慢性呼吸器疾患看護認定看護師」を目指そうと思いました。

私の役割として、

①高齢者・慢性呼吸器疾患患者が増加している反面、そういった方たちを
 地域・社会で受け入れることが困難である現状の改善と、そのために当院が担うべき役割の検討・実践

②医療が在宅・地域へとシフトしていく中、患者・家族の方たちを多角的に支援するため、
 その背景や環境の調整を行い、病気の管理とともにQOLを高める
③院内・地域の慢性呼吸器疾患看護の知識・技術の向上に努め、
 慢性呼吸器疾患看護認定看護師の魅力を広める!

慢性呼吸器疾患看護はどの科でも全般に求められる分野です。
皆さん、どうぞよろしくお願い致します。

認定看護師 ブログ検索

看護部 > 看護活動 > 認定看護師


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.19 Tue l 専門看護師・認定看護師 l top
松江赤十字病院には「特定の看護分野において熟練した看護技術と知識がある」と認められた
認定看護師という資格を持った看護師が働いています。

このたび、新たに2名の認定看護師が誕生しましたので、1人ずつ自己紹介をします。
認定看護師は私たちで14人になりました。

↓↓↓ 今回のブログは、向かって左側の引野看護師です。
認定看護師


8階東消化器センター がん性疼痛看護認定看護師 引野律子

私は新人時代から、がん患者さんが治療による副作用、孤独感、疎外感や死の恐怖など
たくさんの苦しみを抱え、その生活の質が低下していく姿を目の当たりにしてきました。

そんな中、鎮痛剤の適切な使用により「トイレへ行けた」、「ご飯が食べられた」など
生活の中のことで喜ぶ患者さんの姿を見たりもしてきました。
私に専門的な知識や技術があれば、その苦しみを軽減することができるのではないかと考え、
「がん性疼痛看護認定看護師」を目指そうと思いました。

この分野で求められる知識と技術は「薬剤の適切な使用および疼痛緩和」、
「痛みの総合的な評価と個別的ケア」です。
がんの痛みは、診断時に20~50%、進行がんでは75%発現すると言われています。
その中でも70~90%のがん患者さんに対し、痛みを消失させることができる鎮痛薬治療法が確立されており、
有効な薬剤選択を行うことは疼痛緩和には必要不可欠です。
患者さんの痛みが取り除かれ、その人がその人らしく過ごせることができるよう
患者さんのそばで痛みを総合的に判断し、適切な看護援助や薬剤のアセスメントを実践していきたいです。


認定看護師 ブログ検索

看護部 > 看護活動 > 認定看護師

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.15 Fri l 専門看護師・認定看護師 l top
施設課のニョンです。

 本館、高層館、別館、保育所の建築に加え看護学校の解体と、
長かった一連の工事がようやく終わりを迎えました。
大きな事故もなく終えた事に正直ホッとした気持ちで一杯です。

 しかし、駐車場に関しては、旧本館跡地(公開空地)になぜ駐車場を造らないのかとの
ご指摘も受けていました。
その都度、総合設計制度の活用(容積率の緩和)をお話ししても、なかなか理解されず苦しい思いもしてきました。
今回の駐車場整備工事により、渋滞緩和に向け対応できるものと思っています。

第2駐車場


 これまでの駐車場については、306台収容可能な立体駐車場がありますが、
曜日によっては収容しきれず、度々、渋滞を引き起こしていました。
 その為、患者さんやご家族の皆様には大変なご迷惑をお掛けしていたのも事実であり、
警察当局や近隣の皆様からも指導や苦情を頂いておりました。

整備内容を簡単に説明すると、102台収容でき24時間対応で、
入口は1カ所(東側)、出口を2カ所(東西)設け出庫の利便性も考慮しました。

また、西側出口にはシンボルツリーとなるハナミズキ、外周にはボックスウッドの低木や芝生などを植栽し、
街路灯に関しては、庭園灯を採用し隣接する住民の皆様が眩しく無いよう配慮しました。
今後、この駐車場を事故無く、有効に利用して頂きます事を切に願っています。

                   ↓↓↓↓ シンボルツリーです
DSCF8878.jpg


最後になりましたが、近隣住民の皆様には、一連の工事にあたり、
騒音・振動等でご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げるとともに、
ご協力いただいたすべての皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.13 Wed l 病院いろいろ l top
 ドクターソルトです。
10月1日から糖尿病医療支援のため益田赤十字病院へ短期赴任しています。
来年3月までの6ヶ月間、月1回のペースで益田通信を配信したいと思います。

前任のガリバー先生同様に、月曜から木曜まで益田で働いて、金曜と週末は
松江および地域での活動を行っています。
木曜夕方の隠岐6号で松江に帰り、日曜夕方のまつかぜ7号で益田に戻っています。

 平成8年から平成13年まで益田日赤で働いていましたし、
16年までは、益田から松江に単身赴任をしていましたので、9年ぶりの益田生活となります。
町自体は中心部が寂れて、活気は大型店舗を中心に高津の方に移った感じがします。
高速を含め道路網は整備されつつあり、区画が変更されたりしていて、
かつて住んでいた借家に行くのにも道が分からず苦労しました。
益田と松江間の長距離の移動、不慣れな益田の診療体制への適応、久しぶりの単身生活等で、
疲労困憊気味の日々を送っています。

 さて、先週は日赤医学会総会が和歌山であり、『山間部広域過疎地での糖尿病病診・病病連携ネットワークの構築』と題して要望演題で発表してきました。

写真1

10月17日の10時からの発表でしたので、前日の16時過ぎの益田発の特急に乗って出雲市に向かいました。
出雲空港から伊丹に飛ぶ予定でしたが、台風26号の影響で欠航になることが途中で分かり、
松江まで出て伯備線岡山経由で大阪に向かいました。
地下鉄を乗り継ぎ、難波のホテルに着いた時には23時を回っていました。

 翌日8時過ぎの南海電車で和歌山に向かい、無事発表することが出来ましたが、院長先生はじめ、
何人かのスタッフの皆さんにも聞きに来ていただき有難かったです。1
7日の晩は、お楽しみの医療人の集いがありました。
和歌山の美味しいものが大集合していましたが、700名の参加者の胃袋にあっと言う間に収まってしまいました。
その後、まぐろの解体ショー、

写真2

有田牛ステーキのファイアーショウなどで盛り上がり、

写真3

記念撮影をしてお開きとなりました。
今年も、各病院持ち寄りの地酒の飲み比べがあり、チビチビながら堪能させていただきました。

写真4


 松江からの本隊は、松江からバスで学会入りしていて、
ホテルは泉佐野で辺鄙なところから学会に通っていました。
私は学会場から歩いて5分のホテルに泊まることが出来ましたので、
和歌山を多少エンジョイすることが出来ました。
部屋からも、展望レストランからも和歌山城が良く見え、
ライトアップされた和歌山城を楽しむことも出来ました。

写真5

これまで、色々な学会で和歌山を訪れましたが、いつもとんぼ返りで、
今回初めて、ゆっくりとお城の散策もすることができました。
散策のついでに、和歌山ラーメンもいただくことが出来ました。
とんこつ醤油味とのことでしたが、意外と味はあっさりとしていて、味わい深いスープでした。

写真6

 この原稿を松江に帰る汽車の中で書いています。
台風27号による雨の影響で、大幅に遅れて、松江着は24時前とのアナウンスが入っています。
特急料金の払い戻しもあるようですが、5時間余りの汽車の旅、とにかく疲れました。
明日の外来が思いやられます。
 

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.11 Mon l 病院いろいろ l top
 お久しぶりです。教育研修推進室の「ニューともこ」です。
10月5日(土)、10月6日(日)の2日間、看護部教育委員会主催の
フィジカルアセスメント研修Ⅱが行われました。
受講生50名で今年度は2日間に分けて研修室・実習控室を使用して実施されました。
認定看護師3名の方に講師をしていただき、講義・グループワーク・発表し、
フィジカルアセスメント学習モデルのフィジコを2台使用して、
実際に情報を得ながらの動きのある研修でした。

写真1


午後から1時間の講義を受けた後、グループワーク。
事前課題で考えてきた事例に更にフィジコに患者設定を加え、情報を得る作業、
アセスメントを深めていきました。
真剣なまなざしとグループで活発に話し合う姿はとても素敵でした。

写真2

グループワークの発表
 グループでまとめた成果を発表。
 それぞれのグループの個性もでていて、情報から考えられる可能性を導きだす事が出来ていました。

写真3


 ☆ 臨床経験を積みながら、しっかりと勉強して、全身を診て、考えてくれる看護師さん達 ☆
        その姿をみていると、とても心強く、先が楽しみ!!
        更なる飛躍に期待です!

写真4 ニューともこさん

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。


2013.11.07 Thu l 院内研修会・講演会 l top
こんにちは。ちーむ呼吸器です。
前日の雨天から一転して秋晴れの中、「よくわかる肺がん講座2013」と題し、
10月6日(日)に県民会館で市民公開講座を開催しました!

今回は希望者の方に肺年齢を調べるコーナーを用意したので、
開場前から待っている方もおられました。

5_201310231028535b9.jpg
↑↑↑肺年齢を調べる検査 ※ご本人様にはブログへの掲載許可をいただいています。

そのため検査をするDr.も「吸ってぇ!吸ってぇ!はいてぇはいて!」と気合をいれて頑張っていました。

また、高額療養費の説明ブースでソーシャルワーカーが説明をさせていただき好評でした。
↓↓↓高額療養費の説明をするイケメン?ソーシャルワーカー
4_20131023102850445.jpg


おかげで開演までに会場は熱気でいっぱいの状況でした。

7_20131023102956da6.jpg


参加者の皆さんから頂いたアンケートには「とても詳しく説明して頂き大変参考になった」や
「初め、難しい話だなと思ったが、とても勉強になった。チームとなって、色んな専門の人に世話になるのだとわかった。」などのコメントをいただきました。
特に呼吸器外科部長の講演は「とてもわかりやすくて良かった。」、
「実際の手術の様子が映像でみれてよかった。」と大好評でした。

6_20131023102954a8b.jpg
↑↑↑ 磯和呼吸器外科部長!

また、緩和ケア認定看護師の講演からは「緩和ケアの必要性が良く理解できた。弱い立場になった時どう対処するかの心の有り方が考えさせられた。」との感想も頂きました。

講演の間に参加者の方とスタッフで一緒に呼吸体操をしました。
爽やかな理学療法士たちの実演と呼吸器内科部長が映像で体操をレクチャーさせていただきました。
参加者の方は家に帰られてからもオリジナルDVDの中の元気ハツラツの呼吸器内科部長と一緒に体操を楽しくしていただけると思います。

3_20131023102848da3.jpg

2_201310231028463d5.jpg
↑↑↑ 呼吸器内科部長が主演の体操DVDを作成し、先着50名の方に配布しました!

今回で3回目となりましたが、次回もよりよい企画をしていきたいと思いますのでぜひご参加ください!


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.05 Tue l 病院いろいろ l top
神経内科クラークの福井です。
10月17日(木)・18日(金)、第49回日本赤十字社医学会総会が和歌山市で開催され、
演題発表をさせていただきました。

DSC_0388.jpg


今回私たちクラークは、平成22年に当院にクラークが導入され今年で4年目となり、
「当院での医師事務作業補助者の導入効果~求められるクラークを目指して~」
と題し、発表させていただきました。

当院クラークは、各診療科に配置される「診療科密着型」をとっており、
各科のニーズに応じた柔軟な対応や、科に特化した業務の遂行が出来るメリットを挙げました。

導入後は外来業務の補助からスタートし診療時間の短縮を目指していきましたが、
現在は診断書等の文書作成業務も補助しているクラークが増えており、
書類交付までの日数短縮傾向が見られています。

学会発表のため、医師に行ったクラークに関するアンケート調査では、
クラーク導入後に医師の事務作業の負担軽減があったとの評価をいただき、
これからのクラークに対しての要望等のご意見もいただき、今後の課題となりました。

IMG_1071.jpg


このような発表をクラークがするのは初めてでとても緊張しましたが、
当院からも多くの演題発表があり、心強く感じられました。
また、当院からみんな揃ってバスで出発し、他職種の職員と話をする機会もあり、
充実した時間を過ごすことが出来ました。

演題発表後には、同じセッションでクラークについて発表された他院のクラークの方と
意見交換をすることができました。
他院でのクラークの取り組みを聞き、当院で活用出来ることがないか考えたり、
苦労されている点などを伺ったりと、とても刺激を受けました。
演題にもあるように、
「求められるクラークを目指して」
これからも、クラークが当院で欠かせない存在になれるよう、努力していきたいと思います。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.11.01 Fri l 学会へ行ってきました l top