《ひなまつり》

少し遅くなりましたが、3月3日は、桃の節句で、女の子の祭りです。

〈桃の節句とは〉
上巳の節供(じょうし, 3月3日)の事
お雛様を飾って、女の子の健康と幸せを祈る習わし。現在,ひなまつりとして広く親しまれています。

女の子が生まれてから初めての《桃の節句》は特に初節句と呼ばれています。

【 由 来 】
3月3日に平安貴族が薬草で汚れを祓ったのが起源とされており、それがのちに汚れを雛に移し川に流して汚れを祓う「流し雛」の形へと変化したそうです。やがて江戸時代に五節句が制定され、3月3日が【桃の節句】と定められると、庶民の間にも現在のひなまつりのような形で女の子の幸せを祈る行事として広まったと言われています。

3月3日の、お昼に、《ちらし寿司》と《ひなあられ》を提供しました。

1_20130327091456.jpg



《春分の日》
3月21日頃を春分の日と言い、「自然を称え、将来のために努力する日」と法律で定められた祝日です。


[ 昼と夜が同じ長さになる日 ]

春分は、昼と夜が同じ長さになる日です。昔の人は、自然に感謝し春を祝福する日だと感じていたようです。それは、長い間冬眠をしていた動物たちが動き始め、人々もやる気に満ち溢れている時期です。また、この日の前後にご先祖様への感謝の気持ちを伝えるためにお墓参りに行く習慣もあります。

3月20日の、お昼には、《さくら餅》を提供しました。

2_20130327091457.jpg

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.03.29 Fri l 栄養課だより l top